JIAゴールデンキューブ賞2019/2020
概要

JIAゴールデンキューブ賞は、子どもを対象とした、建築/まちづくりの教育活動を評価し、支援するために設立された。本賞では、子ども向けの、建築/まちづくりの教育活動ならびに教材を広く公募し、優れた活動や教材を表彰する。さらに、応募された作品を、広く一般に公開しその情報を発信する。
作品の募集、審査、作品公開を通じて、本賞は、子どもたちへの、建築やまちづくり教育の質の向上を図るとともに、ひいては、ひろく建築全体の発展に貢献することを目的とする。

対象・部門

<対象>
本賞は、子ども向けの、建築/まちづくりの教育活動(ワークショップ、講習会、イベント)、 あるいは成果物(出版物、道具、ゲーム、コンピュータ・ソフト等。後述の部門3(出版部部門)、部門4(視聴覚作品部門)の応募者に限る)を対象とする。 建築作品は対象に含まれない。
テーマがデザインや環境を含むものであっても、建築ないしは都市に関連の薄い一般的な活動や成果物は賞の対象としない。 また、賞の対象となるのは、2016年1月から2019年11月までの間に実際に行われた活動やイベント、出版や発表された成果物などである。
<部門>

  1. 学校部門
  2. 組織部門(学校以外)
  3. 出版物部門(論文、書籍、雑誌等。学習用キットや学習ドリル等もここに含まれる。)
  4. 視聴覚作品部門(ドキュメンタリー、映画、TVプログラム等。)
提出締切

2019年12月6日(金)17時<必着>

提出先

〒460-0008 名古屋市中区栄4-3-26 昭和ビル
公社)日本建築家協会東海支部事務局
JIAゴールデンキューブ賞係
送付のみ受付。持参、バイク便は不可。提出された応募作品、見本、関係書類は返却しない。

審査委員

<審査委員長>
 古谷誠章(建築家・早稲田大学 教授)
<審査委員>
 元岡展久(建築家・お茶の水女子大学 准教授)
 柳川奈奈(建築家・設計工房顕塾)
 大村 惠(愛知教育大学 教授)
 中川 隆(名古屋市立大学 准教授)

提出物・手続き

下記ホームページよりwebフォームに必要事項を記載の上、実行委員会あてに提出してください。
提出物はホームページをご確認ください。

言語

応募作品で用いる言語は、日本語とする。

審査において、審査委員会は、部門ごとに優秀賞を1点選出する。 その他、審査員の推薦により優れた作品数点に特別賞が与えられる。

審査・結果発表

審査は一部を除き公開とし、2020年1月25日に東京(会場未定)にて行い、当日に結果発表と授賞式を行う。 また審査結果は、後日JIAのホームページに掲載して公表される。

応募資格

審査委員会の構成員、ならびに審査委員会委員が代表となる団体の構成員は、本賞に応募することができない。

主催

JIAゴールデンキューブ賞2019/2020実行委員会

詳細

http://www.jiagoldencubes.com/