八女市新庁舎建設基本・実施設計業務
概要

八女市の本庁舎は、老朽化が進み耐震性も不足するなど、様々な課題を抱えています。このため、市では新庁舎が必要と判断し、平成30年度に「新庁舎建設基本計画」を策定しました。
市役所は、危機管理・防災拠点として市民の生命と財産を守る重要な施設であり、大災害が発生した場合、災害対策本部として、また避難所としてその責任と役割を果たさなければなりません。
新庁舎の建設予定地(現在地)は住宅や事業所、国・県機関を含む公共施設、商業・文化施設など都市機能が集積する地区であり、新庁舎は今後も市民との協働によるまちづくりや市の発展に、中心的役割を担っていかなければなりません。
このような課題や期待に応える新庁舎の設計には、八女市の特性を取り入れる柔軟な創造力や高度な技術力、豊富な知識、経験が求められます。また、市民が訪れやすく使いやすい市役所、職員が働きやすい職場づくりのため市民、議会、行政の意見に十分に耳を傾け設計業務を推進できる者を選定する必要があります。
これらを踏まえ、広く参加者を募集し、本市の新庁舎建設の設計者として最も適切な者を選定することを目的として、本プロポーザルを実施します。

履行期間

契約締結日の翌日から令和3年2月25日まで

参加資格・手続等

下記ホームページの実施要領(PDF)をご確認ください。

主なスケジュール
  • 参加表明書等受付期間
    令和元年7月1日~7月22日
  • 技術提案書等受付期間
    同8月1日~8月26日
主催

八女市

問合せ

八女市 企画部 企画政策課 新庁舎建設係
電話:0943-24-8091

詳細

http://www.city.yame.fukuoka.jp/jigyosha/1/1561679858192.html