ブランド材を用いた新空間デザインコンペ
コンセプト

中部森林管理局では、昨今の洋室指向の現状を踏まえ、新たな木材の需要開発として、洋室向けの建具や家具のデザイン開発が重要と考え、オフィスやアパート・マンションなどで利用できる、「ブランド材を用いた新たな洋風パーティションのデザインコンペ」を昨年度実施し、優秀な作品については、採用・展示するなど木材の新需要のPRを進めてきました。
今年度においては、名称を「ブランド材を用いた新空間デザインコンペ」とし、昨年度募集したパーティションに加え、会議室の壁面や住宅の玄関の壁面などの内装にも幅を広げデザインを募集します。
実施にあたっては、地元長野県のブランド材である高齢級人工林「高国※木曽ひのき(マルコウ・マルコク・キソヒノキ)」及び「信州プレミアムカラマツ」の製材品を使用材料として指定することとします。
(※正しい表記は、‘○’の中に‘高’、‘○’の中に‘国’)

募集内容

高齢級人工林「高国木曽ひのき」及び「信州プレミアムカラマツ」の以下に示した一般流通寸法の入手が容易な材料を使用し、以下の部門別の仕様を満たすデザインを募集します。
指定した材料を使用し、仕様を満たしたものであれば、何点でも応募できます。

  • 材料(ひのきのみ、カラマツのみ、ひのきとカラマツ混合のいずれも可。塗装は不可)
    「高国木曽ひのき」及び「信州プレミアムカラマツ」とも幅12cm、厚さ18mm、長さ2.0m
部門
  1. 温もりのある非住宅空間部門
  2. 上質な住空間部門
提出物
  • 参加申込用紙
  • 完成予想図(パース等)
  • 設計図面

全作品の中から「グランプリ(中部森林管理局長賞)」1点を選定。協賛者からの副賞として10万円を贈呈。
この外に、社会人の部と学生の部に分け、
①社会人の部において「優秀賞」1点、「部門賞」4点、「入選」若干を選定。優秀賞には協賛者からの副賞として5万円を贈呈。
②学生の部において「優秀賞」1点、「奨励賞」若干を選定。優秀賞には協賛者からの副賞として5万円を贈呈。
また、応募内容に応じて審査員特別賞が選定される場合があります。

スケジュール

申込締切:令和元年9月8日(日)必着
審査委員会:9月中下旬
審査結果の公表、表彰式:10月中下旬
展示会:翌年2月下旬以降

審査員(敬称略)

船曳鴻紅、松田久男、広瀬毅、藤本麗華、野村弘、井出英治、宮澤俊輔

主催・問合せ

中部森林管理局 資源活用課 企画係
TEL:026-236-2681 FAX:026-236-2686 E-mail:c_shigen@maff.go.jp

詳細PDF

http://www.rinya.maff.go.jp/chubu/apply/publicsale/hanbai/attach/pdf/burandozai-24.pdf