建築文化週間 学生グランプリ2019
銀茶会の茶席 作品募集
概要

日本建築学会では、全銀座会からの依頼を受け、10月に銀座通り周辺で開催される「銀茶会」*において銀座三越の会場で展示され、実際にお茶席として使用される創作茶席の設計・制作案を募集します。
茶道に通じた依頼者のために誠意ある提案を行い、設計課題等のように1/10模型を作成して講評を受けるだけに留まらず、コンペによって入選した作品は全銀座会催事委員会および日本建築学会建築文化事業委員会による指導のもと1/1模型を制作し、その中でも最優秀賞を受賞した作品は銀座三越にて展示・使用を目的とした実施設計と制作を行います。
実際に使用される建築物を設計、制作する経験を通じて、同世代の仲間との交流や建築のおもしろさ、難しさを是非体験してください。創意あふれる提案を期待しています。

*「銀茶会」は、年に一度、銀座通りの周辺にお茶席を設けて行われる野点大茶会である。当日は、表千家、裏千家、武者小路千家、江戸千家、遠州流茶道、煎茶道の六流派のお茶席のほか、点茶の体験コーナーがあり、2018年で17回を迎える。2009年から、学生の設計・制作による学生創作茶席を展示・使用している。

テーマ

「綾」

対象

建築またはデザイン系の学校(大学院、大学、短大、高専など)に通う学生3名以上のメンバーで構成された設計チーム。構造系のメンバーを含めることが望ましい。

応募方法

下記提出物を、郵送・宅配便・電子メール等にて応募先・問合せ先へ送付、もしくは持参すること。

提出物
  1. 応募用紙
  2. A1パネル1枚のPDFデータ
  3. 1/10模型
  4. A1パネル1枚

※詳細は下記ホームページをご確認ください。

応募先・問合せ

日本建築学会 建築文化週間 学生グランプリ係
〒108-8414 東京都港区芝5-26-20
TEL:03-3456-2056 E-mail:goryoda@aij.or.jp

審査員
(敬称略)

第一次審査

審査委員長
中村晃子
審査員
山本豊津、本阿彌守光、風間喜一、木村知弘、原田裕季子、鵜飼哲矢、斎藤公男、坂口裕美、佐藤淳

第二次審査

審査委員長
丹下憲孝
審査員
本阿彌守光、木村知弘、東海林 憲昭、伊藤明、鵜飼哲矢、坂口裕美、佐藤 淳、中村晃子

最優秀賞1点/優秀賞1点/入選1~2点 ※共に賞状・記念品を贈呈

スケジュール

<応募締切>
8月1日(木)17:00必着(持参可)
<応募作品展示>
8月3日(土)~12日(月・祝)(建築博物館ギャラリ-)
<第一次審査>
8月9日(金)13:00~16:00(建築博物館ギャラリ-)
<1/1模型制作説明会(エスキスチェック)>
8月16日(金)(日本建築学会 会議室)
<第二次審査>
10月6日(日)13:00~15:30(建築会館ホール)
<学生創作茶席>
設営日:10月23日(水)(東京・銀座三越新館9階テラスコート)
展 示:10月24日(木)~28日(月)
お茶席:10月26日(土)~27日(日)
撤去日:10月28日(月)
<銀茶会>
10月27日(日)

主催

日本建築学会

詳細PDF

http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2019/chasekicompe2019.pdf