第9回 子どものまち・いえワークショップ提案コンペ
概要

次世代を担う子どもたちに建築を学ぶ機会を提供したい。机上の勉強ではなく、身体全体を使って楽しみながら建築を体験してもらいたい。そのような思いをもって、わたしたち日本建築学会子ども教育事業部会では、1991年から建築をテーマにした子ども向けのワークショップ「親と子の都市と建築講座」を継続的に開催してきました。
近年では、学生の瑞々しい感性から生まれるアイデアに可能性を見出し、学生が子ども向けのワークショップの企画を提案できる「子どものまち・いえワークショップ提案コンペ」を開催しています。本コンペの最優秀賞企画は、ワークショップ「親と子の都市と建築講座」として実現します。企画運営の主体は、最優秀賞に選ばれた学生の方々です。そのため、企画の実現可能性や自分たちで実施するという意欲が求められますが、ワークショップの経験は問われません。未経験者からの応募も歓迎します。ぜひたくさんのご応募をお待ちしています。

審査委員
(敬称略)

■審査委員長
山梨 知彦(建築家、日建設計常務執行役員)

■審査委員
中津 秀之(関東学院大学建築・環境学部 准教授)
角館 まさひで(東京都市大学客員教授、ぼんぼり光環境計画代表)
遠藤 幹子(建築家、マザー・アーキテクチュア)
木下 洋介(構造家、木下洋介構造計画)

応募対象
  1. 5名以上からなる学生団体。(大学院・大学・専門学校等、ワークショップ経験有無は不問)
  2. 代表者を1名選出し、事務局と連絡がやり取りできる状況であること
応募方法

詳細PDFを熟読し、下記3点を日本建築学会事務局まで提出してください。
(A) 応募票、(B) WS概要票、(C) プレゼンシート

応募締切

2019年5月31日(金)(郵送または持ち込みで17時必着)

応募先

日本建築学会事務局「子どものまち・いえワークショップ提案コンペ」係
〒108-8414 東京都港区芝5丁目26番20号
TEL:03-3456-2051 EMAIL:mishima@aij.or.jp

結果発表

2019年6月8日(土)に「第9回子どものまち・いえワークショップ提案
コンペ」を実施します。公開審査会で最優秀賞を決定します。

主催

日本建築学会

詳細PDF

http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2019/kodomocompe2019.pdf