世界の建築は今 No.123

淵上正幸(Masayuki Fuchigami / 建築ジャーナリスト)

プロフィール バックナンバー

最終更新 2016/01/05 10:00

Beijing Air and Space Museum (Hebei Province, China)

北京航空&宇宙博物館(中国、河北省)

Design: Hetzel Design
設計:ヘッツェル・デザイン


中国の宇宙進出への橋頭堡

米国建築家ブラニスラフ・ヘッツェルはセルビア共和国のベオグラード大学で建築を学び、UCLAでマスターを取得。ランドマーク・エンターテイメント・グループ社でいろいろなタイプのプロジェクトを経験してからヘッツェル・デザインを設立した建築家で、エンターテイメント系の楽しいデザインが得意だ。

「北京航空&宇宙博物館」は「北京未来都市」計画地の西端部に位置している。この未来都市計画地は北京郊外にあり、東西に長い巨大な楕円都市である。そこには高密度な集合住宅群をはじめ、文化的施設群、アウトレット店舗、エンターテイメント施設、飲食施設など、およそ人間活動のすべてを含む空間が用意される計画である。

「北京未来都市」計画において、ブラニスラフ・ヘッツェルはごく普通の都市グリッド・フォーメーションをやめて、曲折するアーバン・ストリートを形成し、大きな中央公園に通じるようにしている。この公園は住人のためにアーバン・リビングルームを提供し、寒い冬期にはインドア・ガーデンさえ提供できる計画だ。

未来都市に完成した43,000㎡の「北京航空&宇宙博物館」は、18のインタラクティブ・エキジビションをはじめ、3つのシアター、子供の宇宙飛行士養成センターなどを含んでいる。「博物館」自体は東西軸の西端部にあるため、中心部にある中央公園やその他のアメニティー施設群からは離れている。そのため東方向へ延びる空中ブリッジが必要とされた。しかしヘッツェルは単純にブリッジをつくるという発想をやめて、「博物館」そのものがブリッジとして機能することを考えた。

建物は2本のアーバン・ストリートが交差する地点にできた巨大な3角形ロータリーの中心部に位置する。建物の平面形はイチョウの葉のように、半円形に近い部分から尻尾が長く延びた形態だ。その長く延びた部分が空中ブリッジでストリートをまたいで中央公園方向へと延びている。

建物を西正面側(ブリッジと反対側)から見ると、建物本体の外側を小さな3角形パターンをもつ外壁が覆って2重の外壁で構成されているのがわかる。さらに俯瞰した写真を見ると、内側の外壁が屋根となり後部でブリッジを構成し、その屋根が跳ね上がってタワーになりダイナミックなランドマークとなっているのがわかる。

外観の特徴として魅力を放っているのが2重壁だ。特に北西側ファサードは、斜めにカットされた外壁が内側の躯体を覆いながら屋根と変化していく連続性に動きが感じられて面白い。さらに南方向へ移動するかのような動きをもはらんでおり、その軽快なデザインは印象的だ。

敷地の東側にはストリートが走り、それを越えるための空中ブリッジが渡されているが、南側立面を見ると、建物の側面とブリッジの側面が共に複雑な形態で少しうるさい気がしないでもない。特に空中ブリッジとランドマーク・タワーというふたつの機能をまとめるのはいいアイディアだが、その処理が余りにもエンターテイメント的デザインに終始しているのが残念だ。

エントランスを入ると巨大な中央ロビーがあり、ビジターはそこから2組のエスカレーターでフォーカル・ポイントであるLEDドームを抜けて、発見の旅に出かけることになる。ビジターはキャンティレバーのランプを歩きながら展示を見学する。LEDドームの外皮は環境照明スカルプチュアとして機能しているが、内部は巨大なイマーシブ(没入型)・プロジェクション・エンバイロメントで迫力ある映像が楽しめる。

またもうひとつのプロジェクション・ドームには空に舞い上がるような乗船アトラクションがあり、ビジターは驚愕的な宇宙旅行の体験を満喫できる。こうした先進的な科学装置を駆使して、人々による未来の航空&宇宙への関心を高める橋頭堡が「北京航空&宇宙博物館」だ。


[図 面]

 

[建築家]


©Hetzel Design

■ブラニスラフ・ヘッツェル略歴
1988-1995年 ベオグラード大学建築学科
1995-1997年 UCLA建築学科マスター
1997-2003年 ランドマーク・エンターテイメント・グループ/デザイン・ディレクター
2000-2005年 ユニバーサル・スタジオ・デザイン・コンサルタント
2001-2005年 RTKLデザイン・コンサルタント
2001-現在 パラマウント映画コンサルタント
2001年 ヘッツェル・デザイン設立
2007-2015年 クライ・ジュバ・ワールド・アーキテクツ・デザイン・コンサルタント

 
■代表作

主な作品に、スペース・パーク・ブレーメン、ジョージア水族館、ザ・リンク、8500 バートン・ウェイ、Wホテル、キアンアン・リゾート、北京アート・シティ、アブダビ・ワーナー・ブラザース・パーク、北京航空&宇宙博物館、北京フュートラ・シティなど多数。

Photos & Material: Courtesy of Hetzel Design