NEWS News

YKK80ビル ASHRAE Regional Technology Awardsで日本初のアジア地区最優秀賞受賞



  • 「YKK80ビル」

YKK不動産株式会社は、YKKと YKK APの本社ビルである「YKK80ビル」において、米国暖房冷凍空調学会(American Society of Heating, Refrigerating and Air-Conditioning Engineers、ASHRAE)の主催するASHRAE Technology Awardsの地区表彰である2016 ASHRAE Regional Technology Awardsでアジア地区における最優秀賞を受賞した。

ASHRAE Technology Awardsは、1999年よりASHRAEが毎年実施している省エネルギーと快適性、周辺環境との調和、居住者の健康などを 高いレベルで実現した環境建築に対する表彰制度で、米国内および世界を14の地区に分け、それぞれの地区の最優秀物件が最終段階である世界レベル表彰にノミネートされる。
昨年、ASHRAE日本支部が立ち上がったことにより日本の建築物がエントリーが可能となり、「YKK80ビル」は初の日本代表物件として臨んだ Regional Technology Awardsで最優秀3点に選出され、世界レベル表彰の選考に進むこととなった。

「YKK80ビル」は「120 年を目標とするアーキテクチャー」として、災害時に被害を最小限とする免震構造を採用し、一般的なオフィスに比べ、約60%のエネルギー削減をめざすために、省エネ・省資源に優れた「明るさ・人感センサー制御 LED照明+タスク&アンビエント照明方式」、「中央熱源方式」、「外気冷房+外装シャフトのミスト設備」、「高性能コンセント設備」など、先進のシステムを導入した環境負荷に対応したビルとなっている。
更に「放射パネル+デシカント空調+微気流」による快適な執務環境づくりや、働きやすいオープンなワークプレイスとするなど、様々なアイデアを盛り込んだ、シンボリックで存在感のある機能的なデザインとなっている。

また、今年2月に米国グリーンビルディング協会(USGBC)が開発・運用するLEED-CSにおいて、オフィスビルでは日本初となる「プラチナ認証」を取得し、8月には日本のBELS評価においても最高ランクの5つ星を取得しており、今回の受賞で改めてその高い省エネルギー性能や環境建築としてのレベルの高さを示した。

[概要]
名 称   :   YKK80ビル
建築主   :   YKK不動産株式会社
所在地   :   東京都千代田区神田和泉町1番地
設計・監理 :   株式会社日建設計
施 工   :   鹿島・戸田・大和ハウス工業 建設共同企業体
規 模   :   延べ面積 20,919.85 ㎡、建築物高さ 39.95m、最高部高さ 51.05m、地下2階、地上10階、塔屋2階
構 造   :   SRC造、S造、RC造、免震構造
竣 工   :   2015年6月

YKKグループ
https://www.ykk.co.jp/