NEWS News

OPAM大分県立美術館 開館記者会見



  • コピーライト(C) Hiroyuki Hirai

  • コピーライト(C) Hiroyuki Hirai
2015年4月24日に開館するOPAM大分県立美術館開館記者会見が行われた。(2014.10.23)

国内の県立美術館としては2006年開館の青森県立美術館以来となる。
OPAM大分県立美術館は「五感で楽しむことができる」美術館、「自分の家のリビング」と思える美術館、「県民とともに成長する」美術館をコンセプトに、坂茂氏によって設計された。
坂氏は「設計の際、場所柄を大切に考え、地域性、場所性を大切に考え、この場所でしか出来ない形にし、街との一体化を考えた。
大分県立美術館は日本初の開放型美術館。コンセプトは以前設計したポンピドーセンター分館に共通するところがある。
1階前面は折戸を採用。折戸を開放することで美術館正面にある劇場と道路、美術館が一体化し、イベントを開催することができる。
この建物はいかに県民に自由に使ってもらうか、色々な展示をしていくか、色々なイベントに使ってもらうかを考え、これからの新しい美術館のありかた、今までの美術館のような閉じたものでなく、開かれた美術館として、県の財産として、県民に愛される場所になるよう、今までの美術館と違う世界に類を見ないフレキシブルな美術館になっている。」と述べた。
大分県立美術館OPAM竣工記念として、11月23日から「OPAM誕生祭」が開催され、記念式典や内覧会、坂茂氏講演会などイベントが開催される。