NEWS News

第4回 省エネ・照明デザインアワード グランプリ決定


優れた省エネ効果と高いデザイン性の両立を達成する施設を表彰する、環境省主催「第4回 省エネ・照明デザインアワード」。
第4回を迎え、本年のグランプリ作品が以下に決定した。

■グランプリ受賞施設 3部門3点■

①公共施設・総合施設部門
『建築物と融合した省スペース型LED照明で斬新な空間を創出』
【施設名】大船渡市民文化会館・大船渡市立図書館(リアスホール)
【所在地】岩手県大船渡市
【事業者】岩手県大船渡市、株式会社新居千秋都市建築設計、
     株式会社ピーエーシー、株式会社エステック

②商業・宿泊施設部門
『計画された無駄のない照明計画で快適な売り場づくりを実現』
【施設名】ダイエー相武台店
【所在地】神奈川県座間市
【事業者】株式会社ダイエー

③まち、住宅、その他部門
『樹木とLED照明の組み合わせにより、エコで品格のある空間を創出』
【施設名】高輪フォーラム
【所在地】東京都港区
【事業者】三菱地所株式会社

他、優秀事例受賞施設として18点が選出された。

省エネ・照明デザインアワード2013
http://shoene-shomei2013.jp/