NEWS News

子どもの安全性向上のための業界横断型ガイドラインによる認証制度 開始


キッズデザイン協議会は、子どもの安全の向上を目的とする認証制度「CSD(Child Safety Through Design)認証」を2013年10月1日より開始する。

CSD認証は、製品等の開発・設計プロセスに着目した業界横断型ガイドライン「キッズデザインガイドライン」(2012年、キッズデザイン協議会策定)に沿ってデザインプロセス評価と企業が実施した製品評価の確認を主体とした認証制度。

子どもの事故情報や行動特性、事故予防シュミレーション等のデータを産業界が活用し、キッズデザイン製品開発を促進することを目的として、キッズデザイン協議会が調査研究活動の一環として実施する。

認証制度の実施により、産業業界全体の安全品質向上と、国際競争力の強化を図る。今後は、CSD認証の実施に加え、キッズデザインガイドラインの国際標準化を視野に入れ活動を進める。

2013年度10月からの開始時は、家電・日用雑貨・遊具・住宅・建物・住設機器・遊技施設 等を認証対象とし、今後のキッズデザインガイドラインやCSD認証制度の見直しを踏まえ、随時追加予定。

2013年10月1日よりキッズデザイン協議会ウェブサイトにて実施要項を公開し、申請受付を開始する。

キッズデザイン協議会
http://www.kidsdesign.jp/