NEWS News

古くて新しい団地のかたち



  • 室内

  • 押入れを活かした収納スペース

  • 台所を改装したシェアルーム・共有スペース

独立行政法人都市再生機構西日本支社とムジ・ネット株式会社は、昭和40・50年代に建設されたUR団地をリノベーションしながら長く住みつないでいく「MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト」を行っている。
「MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト」の新しい住宅が完成し、1月11日に公開された。
「団地らしさを大切にする」「様々な暮らしに合わせる」をコンセプトとしたリノベーション住宅は、それまでの住宅の空間を活かしつつ、必要最低限の改修を行い、住み手が自由に間取りを変化することが出来る余地を残している。
今回公開された住宅の一つはシェアハウスとしてリノベーションされている。
リノベーションプロジェクト対象団地は、リバーサイドしろきた(大阪府大阪市都島区)、泉北茶山台二丁(大阪府堺市南区)、新千里西町(大阪府豊中市)
2月より募集開始。(下記HP参照)

MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト(無印良品)
http://www.muji.net/ie/lifestyle/project_osakadanchi/
MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト(UR都市機構)
http://www.ur-net.go.jp/kansai/muji/