NEWS News

隈研吾氏、森トラスト『銀座二丁目ホテル計画』設計・内装デザインに参画。



  • 建築家・隈研吾氏(右)と森トラスト社長・伊達美和子氏(左)

  • 建物外観(イメージ)

  • エントランスとルーフトップバー(イメージ)

森トラスト株式会社(本社:東京都港区 社長:伊達美和子)は、銀座二丁目で推進中の『銀座二丁目ホテル計画』に関して、建築家・隈研吾氏が設計・内装デザインに参画(※㈱隈研吾建築都市設計事務所および㈱安藤・間一級建築士事務所の共同企業体に設計業務を委託)することを発表した。

同プロジェクトは、海外のハイブランドショップ(シャネル、カルティエ、ブルガリ、ルイ・ヴィトン)が集積する銀座二丁目交差点に近接した、マロニエ通りに面する敷地面積約660㎡のホテル開発計画。森トラストは、伝統と先進性をあわせ持つ世界的な商業都市「銀座」にふさわしい、インターナショナルブランドのラグジュアリーホテル開発を計画している。建築家の隈氏が参画することで、海外から定評のある独自の世界観を演出する建築デザインと、森トラストがもつラグジュアリーホテルの開発ノウハウとのコラボレーションによって、上質を知る世界の旅行者のニーズを叶える快適性と機能性を兼ね備えたホテルの想像を目指している。

外観のデザインコンセプトは“つなぐ”で、木のファブリックが柔らかに織り込まれたようなルーバー状のファサードや、緑のパッサージュが迎え入れるエントランス、空に浮かぶラグジュアリーなルーフトップバーのイメージパースも発表。2020年初頭の開業を予定。

森トラスト株式会社
https://www.mori-trust.co.jp/
株式会社 隈研吾建築都市設計事務所
http://kkaa.co.jp/
株式会社 安藤・間一級建築士事務所
http://www.ad-hzm.co.jp/index.html