NEWS Products

グラフィソフトジャパン『ARCHICAD 20』



  • 『ARCHICAD 20』

  • グラフィカルなお気に入り

  • 新しいインターフェース

グラフィソフトジャパン株式会社は、『ARCHICAD 19』の次期バージョンとして、最新版の『ARCHICAD 20』を2016年9月28日(水)に販売開始する。『ARCHICAD 20』ではBIMの"I"(情報)に重点を置き、ARCHICADユーザーのみならず、外部のプロジェクト関係者にも有益なさまざまな機能改善がされた。

◎主な強化ポイント
1. 強化された情報管理
〈情報の保存〉BIMのもっとも重要な要素である情報を、設計者、デザイナーが最大限に活用できる。『ARCHICAD 20』は、BIMモデルを各種情報の総合的な保管場所として利用でき、Excelのスプレッドシートのような、BIMツールやCADで作成されていない情報も保存、管理できる。
〈情報の可視化〉情報の可視化によって整頓された情報を活用することで、設計、施工を通じて大いに効率性を高める。便利なフィルタ機能と新機能「表現の上書き」により、同様のプロパティを持つ要素の2D、3Dでの表示を自由に変更できる。これによりコミュニケーション、協力作業、モデルチェックはさらに効率的になる。
〈情報を共有〉IFC4 オープンソース基準を完全にサポートするBIMアプリケーションである『ARCHICAD 20』は、IFC4による新たな連携ワークフロー(Design Transfer ViewとReference View)を利用することにより、他の分野との連携をよりスムーズなものにする。BIMxのような情報共有ツールはもちろん、Excelのような汎用的なツールでもBIMに格納されている豊富な情報を活用することができる。
2. お気に入り
新しいお気に入りでは、2Dもしくは3Dでの要素の設定に基づいたわかりやすいサムネイルが自動生成、保存され、すべてのツールで使用可能。これで、BIMマネージャーの社内プロジェクトにおけるテンプレート設定が容易になるのに加え、会社全体の日常の業務も効率化される。
3. 改善されたグラフィカルユーザーインターフェース
『ARCHICAD 20』のグラフィカルユーザーインターフェースはモダンなデザインに完全に刷新した。これまでのデスクトップソフトウェアよりもモバイルアプリに近いものとなっている。

『ARCHICAD 20』のリリースに加え、これまで同様、主に中小の設計事務所・アトリエ事務所等をターゲットとした『ARCHICAD 20 Solo』を、オプション製品として『MEP Modeler for ARCHICAD 20』を同時販売。また、大量の2D図面、複雑な3Dモデルのプロジェクトにアクセスし、情報共有を可能とするBIMコミュニケーションツールである『BIMx』『BIMx PRO』を引き続き提供。

グラフィソフトジャパン株式会社
http://www.graphisoft.co.jp/