SUS「t2住むためのプロダクト」Competition'15 結果発表
概要

アルミ製ミニマル居住ユニットt2を用いた新しい居住スペース、居住スタイルの提案を募集した本コンペでは、10月19日にSUS株式会社東京事業所にて行われた、審査員4名による厳正な審査の結果、最優秀賞1点、優秀賞1点、佳作5点の計7点が下記のとおり選出されました。

審査員

和田智、マーク・ダイサム、金田充弘、石田保夫 (敬称略)

主催

SUS株式会社

詳細

http://ecoms.sus.co.jp/competition2015/result.php

■最優秀賞(賞金100万円) 作品名/受賞者(所属)、敬称略
部屋を持ち運びながら移り住む
植木貞彦(日本設計)
■優秀賞(賞金30万円)
t2 meets Danchi "ヤドカリズム"
黒崎涼太・須藤大志(本田技術研究所) 山川陸(グリ設計)
■佳作(各10万円)
駐車場に住む
布目和也(Studio N)

t2 MULTI HABITATION LIFE
安田剛(シグマ建設シグマ一級建築士事務所)

中銀カプセルの更新
上田憲二郎(上田憲二郎建築事務所)

関係人口の拡大を図る
小海諄・大川薫平・佐久間大和(日本大学理工学部海洋建築工学科)

t2 CELL CITY ― ever changing construction
Chaveneau Ohashi Architect & 池宮城 薫