第13回『KAJIMA彫刻コンクール』結果発表
概要

2月27日に開催された第二次審査(最終審査)では、模型応募総数198点の中から第一次審査を通過した8名(日本7名、イギリス1名)の入選者が、制作補助金40万円の支給を受けて制作した実物作品(180cm×90cm×160cm以内の大きさ、かつ重量は1.0トン以内)の中から、以下の入賞作品を決定しました。

今回の入選作品は、新たな彫刻界の潮流を反映し、テーマ性・造形・素材・表現方法において多様性が高いのが特徴です。金賞受賞作は海外作家の作品で、“SPACE”という精神性の高いコンセプトを表現しています。シンプルにつくられていながら、複雑かつ多次元にわたって深みがあり、当コンクールの「彫刻・建築・空間」というテーマに独自の表現で応える作品、と高く評価されました。

尚、入賞者の表彰式は、3月6日(木) 鹿島KIビル(東京都港区赤坂6-5-30)にて行なわれる。また、入賞作品の展示は、2014年3月8日(土)~3月21日(金)までの間、同KIビルアトリウムで、また4月25日(金)~5月8日(木)までの間、大阪あすとホールにて一般公開される。

審査員

酒井忠康(美術評論家)
澄川喜一(彫刻家)
安田 侃(彫刻家)
槇 文彦(建築家)
谷口吉生(建築家)
鹿島昭一(鹿島取締役相談役)  ※敬称略

主催

鹿島建設株式会社

詳細

http://www.kajima.co.jp/sculpture/

■金賞(賞金 200万円) ※受賞者 「作品名」

ウォルフガング・バットレス 「SPACE」

■銀賞(賞金 100万円)

四方 謙一 「chrysalis」

■銅賞(賞金 50万円)

櫻井 かえで 「キノボリウオと空見てる」

■奨励賞(賞金 20万円)

水田 有紀 「星見鳥」