NEWS News

宅配ボックス5000台を利用した荷物の無人受け取り体験サービスを開始


株式会社ナスタ( 本社:東京都港区、代表取締役社長:笹川 順平 以下、ナスタ)とオルビス株式会社( 本社:東京都品川区、代表取締役社長:小林 琢磨 以下、オルビス)が協業し、オルビス顧客5000名を対象とした宅配ボックスの利用体験サービスを実施する。

宅配ストレスの解消と再配達の削減を目指し、2018年9月に1000世帯を対象とした福岡市との実証実験、2018年11月に社員の私物受け取りを会社として推奨する「オフィス受け取り」の実証実験に続く第三弾として、実証実験が行われる。
ネットショッピングの普及により、再配達率も比例するように増加した。オルビスは通販事業者として再配達率の低減に向け、解決策を模索、前記の実証実験実績があるナスタにオリジナル宅配ボックスの企画・制作を依頼した。
オリジナル宅配ボックスはオルビス顧客5000名にモニター配布し、3か月後に利用に関するアンケートを回収する予定になっている。
利用体験サービスは2019年7月開始を予定。

株式会社ナスタ
オルビス株式会社