重要文化財指定記念「ひらかれたミュージアム」~坂倉準三の原点~
概要

鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム(旧神奈川県立近代美術館)が、2020年末に国の重要文化財に指定されました。鶴岡八幡宮の境内に建つ建物は、坂倉準三の設計により、1951 年に我が国最初の公立近代美術館として開館しました。
周囲の樹緑に調和し、鎌倉を訪れる人々が文化交流する場として人々に親しまれた「ひらかれた」建築は、坂倉準三がめざした建築の原点です。今回の展示では、新たに重要文化財となった建物の中に坂倉準三デザインの家具を配置し、ゆっくりと建物そのものの魅力を楽しんで頂きたいと思います。

会期

2021年5月29日(土)~7月25日(日)

開館時間

10:00~16:30(入館は16:00まで)
※開館時間は変更となる場合があります。

休館日

月曜日(祝日の場合は開館)
※天候の状況により変更になる場合がございます。

会場

鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム
(神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-53)

アクセス

https://tsurugaokamuseum.jp/index.html

拝観料

一般800円、小中学生400円

詳細

https://tsurugaokamuseum.jp/tanoshimu/index.html?top