第56回 住総研シンポジウム「歴史のなかの「あこがれ」の住まいと暮らし」
要旨

「あこがれ」から「流行」へ。さらに次の段階へ…。今回は歴史を含めて見た過去と現在のさま ざまな「あこがれ」の住まいと暮らしを抽出し、その「流行」や「様式(スタイル)」形成のメカニズ ムにも触れながら、将来の住まいや暮らしの在り方にどう生かせるのかを議論したい。

第1部では、「和室」が、祖型が中世(室町時代)に出来上がり、様々な流行の結果、住宅の部屋として、各地に多数普及した普及過程を例に、「住まい」における「あこがれ」の形成と「流行」を考察する。次に海外の「あこがれ」の具体化の類例として、インド・ムンバイのアールデコ様式の事例を紹介する。

第2部では、現代の「あこがれ」の住まい像を、高度成長期からの意識の変化や国際比較アンケート 等によって確認し、直近の日本人の「住まい」の具体像が希薄になっていることやその要因、日本にお ける現代の住まいと暮らしの特徴を考える。パネルディスカッションでは、「住まい」像が希薄化していることを前提に、今後の「あこがれ」の 住まいや暮らしの形はどうなるのかを議論したい。

申込締切

2021年7月23日(金)
※定員になり次第締切り

開催日時

2021年7月30日(金)13:30~17:00(開場 13:00)

会場

建築会館ホール
(東京都港区芝5-26-20)

アクセス

都営浅草線・三田線三田駅A3出口徒歩2分/JR 田町駅三田口(西口)徒歩3分
https://www.aij.or.jp/map.html

参加方法

会場およびオンライン(ZOOM)

  • 会場での参加をご希望の方は,当日は必ずマスクを着用してご来場下さい。
  • 会場にお越しの際は,検温並びにアルコール消毒へのご協力をお願い致します。
  • 風邪の諸症状のある方,海外から帰国後14日経過しない方の参加はご遠慮下さい。
  • オンラインでの参加の方は,録音・録画・撮影(スクリーンショット)はご遠慮下さい。
参加費

会場・オンライン参加共に無料

  • 会場では募金へのご協力をお願い致します。募金は支援金として被災地等にお送り致します。
  • 資料配布は会場での参加の方のみとさせて頂きます。
申込締切

2019年11月12日(火)
※定員になり次第締切り

定員

会場参加60人/オンライン参加80人(共に先着順)

登壇者(敬称略)

■趣旨説明
 後藤治(工学院大学 教授)

■講演(講演順)
 藤田盟児(奈良女子大学 教授) 「平等へのあこがれと和室の誕生」
 後藤克史(明治大学 特任講師)「インド・ムンバイにおけるアールデコ様式住居へのあこがれ」
 山本理奈(成城大学 准教授) 「高度成長期の住まいと暮らしから「あこがれ」を考える」
 島原万丈(LIFULL HOME'S 総研 所長)「日本とデンマークの比較でみる「幸福な暮らし像」」
 鈴木あるの(京都橘大学 教授) 「外国人から見た“和”の住まい」

■司会
 後藤治(前掲)

■パネリスト
 藤田盟児(前掲)
 後藤克史(前掲)
 山本理奈(前掲)
 島原万丈(前掲)
 鈴木あるの(前掲)

※登壇者,講演テーマは変更になる場合がございます。

申込み

下記ホームページのフォームよりお申込下さい。
※定員になり次第締切ります。

主催・問合せ

一般財団法人 住総研
e-mail sympo★jusoken.or.jp (★は@(半角)に変えて下さい。)
Tel:03-3275-3078
Fax:03-3275-3079
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-12-2 朝日ビルヂング 2階

詳細

http://www.jusoken.or.jp/symposium/jusokensympo_56.html