JCD連続シンポジウム SECTION 62 TALK ON LINE「クラマタを語る」
概要

2021 年は、故倉俣史朗氏の没後30年になります。

言うまでもなく倉俣史朗は日本のインテリアデザインが独自の形成を遂げる起点となった存在です。商空間デザインも「デザイン」であると働きかけ、現代の空間観の礎を築いた先逹です。しかし一方で「クラマタを知らない」学生や若い世代がいる現実があります。そこで日本商環境デザイン協会(JCD)は、氏の三十回忌を期に、倉俣史朗に直接会ったことがない世代を中心に、「クラマタを想像する」会話の場を企画いたしました。

2021年2月から断続的にトークセッションを 行い、オンラインでライブ中継し、6月には公開シンポジウムも開催を計画しています。今後は各回の開催1ヶ月前から、JCD ホームページ、facebook ページなどで視聴情報をご案内しますので、ぜひともご参加ください。

スケジュール(敬称略)

SECTION 62 —① 2021年2月24日(水)18:00~20:00
鬼木 孝一郎、平綿 久晃・渡部 智宏、米谷 ひろし

SECTION 62 —②  2021年3月26日(金)18:00~20:00
鈴野 浩一、芦沢 啓治、二俣 公一

SECTION 62 —③  2021年4月
藤森 泰司、倉本 仁

SECTION 62 —④
2021年5月 近藤 康夫、中道 淳

SECTION 62 —⑤
2021年6月 公開シンポジウムを予定

主催

JCD 一般社団法人 日本商環境デザイン協会

詳細・問合せ

https://www.design-center.co.jp/seminar/jcd_section_62/