政策研究大学院大学・建築研究所共催シンポジウム「withコロナ時代の建築環境とは」
趣旨

今日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染による想定外の大規模災害によって、人々が一日のほとんどを過ごす建築環境に対し大きな影響を与えています。感染を防ぐために避けるべき3密のうち、特に換気の悪い密閉空間に対し、厚労省の通知や、建築学会、空気調和・衛生工学会の談話が相次ぎ公表されました。しかし、具体的な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染と換気の関係については、医学的な知見が未だ不明であり、今後の検討が待たれるところです。一方、建築環境において、すべての人々が生活を継続し続けるなかで、様々な変化が生じており、それらに関する知見も求められています。

そこで、本シンポジウムでは、上記の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の現状、建築設備も含めた計画的な観点を中心に、建築内の衛生に掛かる根源的な部分からエネルギー消費の変化まで視野を広げ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染を通じてどのように建築環境そのものを見直していったら良いか、分野の異なる学識者に講演していただき、今後の展望について討議します。

※本シンポジウムは、下記CPD制度の共通認定プログラムです。
建築CPD情報提供制度、JIACPD制度、建築士会CPD制度、建築設備士関係団体CPD制度、APEC アーキテクト、APEC エンジニア、建築・設備施工管理CPD制度、JSCA建築構造士更新評価点対象

開催日時

2021年2月10日(水) 13:30〜17:00

登録締切

2021年2月3日(水)

会場

オンライン開催(ZOOMウェビナー)

  • PCのほか、タブレット、スマートフォンにてご視聴いただけます(あらかじめ、ZOOMのアプリケーションのインストールをお願いします。)。
  • ご視聴をご希望の方は、下記URLから、氏名、所属等のご登録をお願いします(2月3日(水)まで)。
  • 登録内容を確認の上、視聴用のURL等をご連絡いたします。
  • 定員(500名)を超える場合など、登録が受けられない場合がございます。あらかじめご了承ください。

登録用URL:https://zoom.us/webinar/register/WN_AFYgCZBBTzmdomg17Ta5zA

参加費

無料(事前登録制)

言語

日本語

主催

国立大学法人政策研究大学院大学
国立研究開発法人建築研究所

詳細・問合せ

https://www.grips.ac.jp/jp/events/20201222-6842/