建築学生ワークショップ明治神宮 2021 【参加学生募集】
概要

全国の大学生たちが小さな建築を、明治神宮境内に8体実現。

2021年夏、現代に受け継がれてきた、わが国を代表する神社・明治神宮神域にて、小さな建築空間を実現する建築学生ワークショップを開催します。わが国の元旦、三箇日の初詣では、300万人を超す世界第一位の参拝者数からも、その年、はじめに最も信じられている聖地であるといえ、22万坪(約73ヘクタール)に及ぶ広大な神域と森に囲まれています。内苑と外苑に分かれたこの森は、人工的に造られた太古の原生林としても存在し、東京で絶滅したはずの生物3千種もの生息した宝庫であります。またこの造営には全国から1万人以上もの国民が労力奉仕に自発的に参加し、鎮座祭は1920年(大正9年)11月1日に行われました。百年を経て、明治神宮で開催いたします。

開催場所

明治神宮境内 (東京都)

テーマ

"今、建築の、原初の聖地から" 杜の未来のために建築ができること

参加対象者

建築および環境デザイン等の分野を学ぶ学生および院生

参加人数

定員60名程度(大学院生8名+学部生42名+運営サポーター10名)
8グループを予定しています。

学生参加費用

実費(宿泊費、保険代、資料代等 ¥35,000 事前徴収制)
※現地までの交通費は各自別途負担となります。
※このワークショップは、ご賛同をいただいている企業・財団、ならびに開催地の有志の方々のご協力と、学生の参加費により運営をしています。

スケジュール
5/6(木)
参加説明会開催(東京大学)
5/12(水)
参加説明会開催(京都大学)
5/14(金)23:59必着
参加者募集締切(参加者決定)
6/5(土)
現地説明会・調査
6/19(土)
各班エスキース(東京会場)(大阪会場)
7/3(土)~ 7/4(日)
提案作品講評会(1泊2日)
7/3(土)
提案作品講評会
7/4(日)
実施制作打ち合わせ
7/5(月)~ 9/6(月)
各グループで課題の制作
9/7(火)~ 9/13(月)
合宿にて原寸制作ファイナル(6泊7日)
9/7(火)
現地集合・資材搬入・制作段取り
9/8(水)~ 9/11(土)
原寸模型制作(実質4日間)
9/12(日)
公開プレゼンテーション
9/13(月)
清掃・解散
参加予定講評者
(敬称略)

建築・美術両分野を代表する評論家をはじめ、第一線で活躍をされている建築家や世界の建築構造研究を担い教鞭を執られているストラクチャー・エンジニアによる講評。また、近畿二府四県の大学で教鞭を執られ、日本を代表されるプロフェッサー・アーキテクトにご参加いただきます。

伊東 豊雄(建築家|伊東豊雄建築設計事務所 主宰)
太田 伸之(クールジャパン機構 前CEO)
小松 浩 (毎日新聞社 主筆)
建畠 晢 (美術評論家|多摩美術大学 学長)
南條 史生(美術評論家|森美術館 前館長)
五十嵐太郎(建築史家・批評家|東北大学 教授)
稲山 正広(構造家|東京大学 教授)
江村 哲哉(構造家|アラップ構造エンジニア)
倉方 俊輔(建築史家|大阪市立大学 准教授)
腰原 幹雄(構造家|東京大学 教授)
櫻井 正幸(旭ビルウォール 代表取締役 社長)
佐藤 淳 (構造家|東京大学 准教授)
陶器 浩一(構造家|滋賀県立大学 教授)
芦澤 竜一(建築家|滋賀県立大学教授)
遠藤 秀平(建築家|神戸大学 教授)
竹原 義二(建築家|神戸芸術工科大学 客員教授)
長田 直之(建築家|奈良女子大学 准教授)
平田 晃久(建築家|京都大学 教授)
平沼 孝啓(建築家|平沼孝啓建築研究所 主宰)
藤本 壮介(建築家|藤本壮介建築設計事務所 主宰)
安井 昇 (建築家|桜設計集団 代表)
安原 幹 (建築家|東京大学 准教授)
横山 俊祐(建築家|大阪市立大学 客員教授)
吉村 靖孝(建築家|早稲田大学 教授)

詳細・申込み・問合せ

https://ws.aaf.ac/