令和2年度 URひと・まち・くらしシンポジウム
これからのまちと暮らしをデザインする
概要

UR都市機構は、1955年の発足以来、「人が輝く都市を目指して、美しく安全で快適なまちをプロデュース」することを使命に、人口減少・高齢化、頻発する大規模災害、環境問題など重要な社会問題に積極的に取り組んできました。
今般、新型コロナウィルス感染症の拡大により、社会全体が従来の生活や働き方からの大きな転換を余儀なくされ、オンラインでの活動やテレワークなどが新しい生活様式とともに定着しはじめています。
こういった社会情勢の変化を乗り越えていくため、変わるもの・変わらないものを今一度見つめ直し、新しいまちと暮らしのデザインを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
このシンポジウムが、みなさんと共に歩む未来への一歩になれば幸いです。

内容

<特別プログラム>
有識者の皆さまに「これからのまちと暮らしをデザインする」をテーマにお話しいただきます。

【登壇者】
出口 敦 氏(東京大学大学院 新領域創成科学研究科 教授)
柴田 智広 氏(九州工業大学大学院 生命体工学研究科 教授)
東 利恵 氏(建築家/東 環境・建築研究所代表)
新居田 滝人 氏(UR都市機構 理事)

<UR事業報告(各7分)>
UR都市機構の取り組む事業について報告いたします

<UR研究報告(各7分)>
UR都市機構の取り組む研究について報告いたします

視聴可能期間

令和2年10月20日(火)10:00~10月26日(月)17:00

視聴方法

下記ホームページ内、専用フォームより申込登録をしてください。登録完了後、IDとパスワード、特設サイトのURLをお送りいたします。

CPD認定について

本シンポジウムは公益社団法人日本都市計画学会のCPDの認定を受けております。
また、日本都市計画学会以外の建築系CPD協議会加盟の下記団体でも認定が受けられます。
申請方法については各団体において確認してください。

・JGS 公益社団法人 地盤工学会
・一般社団法人 森林・自然環境技術者教育会
・一般社団法人 全国上下水道コンサルタント協会
・一般社団法人 全国土木施工管理技士会連合会
・GEO-Schooling net 土質・地質技術者の生涯学習ネット
・公益社団法人 土木学会
・一般社団法人 日本環境アセスメント協会
・公益社団法人 日本技術士会
・公益社団法人 日本建築士会連合会
・公益社団法人 日本造園学会
・公益社団法人 農業農村工学会

主催

独立行政法人都市再生機構

共催

一般財団法人都市再生共済会

申込先・詳細

https://www.ur-net.go.jp/rd/houkokukai/2020/