第2回企画展「日本を超えた日本建築 ― Beyond Japan―」
概要

第2回特別展「日本を超えた日本建築―Beyond Japan―」では、日本を超えて世界の異なる環境や社会の中で、ふさわしい建築として称賛されている、日本を代表する建築家の8作品を模型や映像、写真で紹介します。

昭和初期に初めて日本の建築家によって外国に建てられた日本建築は、今や世界が認めるグローバルな建築となって、世界の建築文化に刺激を与え続けています。本特別展では、これらの「日本を超えた日本建築」ともいえる作品をとおして、現代建築の新しい潮流と建築の未来について考えます。

会期

2020年3月20日(金・祝)~ 8月30日(日)
※休館日:月曜日 (ただし、月曜日が休日の場合は直後の平日)

場所

谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館
(〒921-8033 石川県金沢市寺町5-1-18)

企画展観覧料

※常設展も同時に観覧できます
・一般:800円
・団体(20名以上):700円
・65歳以上または障がい者手帳をお持ちの方およびその介護人:600円
・高校生以下:無料

主な展示建築作品
(敬称略)
・安藤忠雄
ライトウッド659 [アメリカ、シカゴ 2018]
・磯崎新
ウフィツィ・ロッジア [イタリア、フィレンツェ 1998-2024]
・伊東豊雄
台中国家歌劇院 [台湾、台中市 2005-2016]
・隈研吾
V&Aダンディ [スコットランド、ダンディ 2019]
・SANAA
ルーヴル・ランス [フランス、ランス 2005-2012]
・谷口吉生
ニューヨーク近代美術館 [アメリカ、ニューヨーク 2005]
・坂茂
スウォッチ本社屋 [スイス、ビール/ビエンヌ 2019]
・槇文彦
4ワールド・トレード・センター [アメリカ、ニューヨーク 2015]
主催

谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館

詳細

https://www.kanazawa-museum.jp/architecture/exhibition/future.html