特別展 「渋谷の東京オリンピックと丹下健三」
概要

渋谷区内にある国立代々木競技場は、2度の東京オリンピックの会場となるだけでなく、世界的建築家の丹下健三が設計した20世紀建築の傑作と言われています。今回展示では、それを取り上げ、歴史的・建築的価値、竣工後施設がどのように保全・活用されてきたかなど、貴重な写真や図面、建設時の記録動画、丹下健三の書簡をはじめ、初公開となる新資料により明らかにします。

会期

令和2年1月25日(土)~3月22日(日)

場所

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館(東京都渋谷区東 4-9-1)

アクセス

https://www.city.shibuya.tokyo.jp/shisetsu/bunka/shirane_index.html

関連企画

【講演会】
タイトル:国立代々木競技場と丹下健三
日時:2月15日(土) 13時~15時
講師:豊川斎赫(千葉大学准教授)
対象:区内在住・在勤・在学の方
定員:40名
申込:2月1日(消印有効)までに往復はがきで、講演会タイトル・住所・氏名・電話番号を記入し、博物館・文学館へ

【展示解説】
日時:2月15日(土) 15時30分~
解説:豊川斎赫(千葉大学准教授)
申込み:事前申込不要(当日15時30分に当館1階特別展示室にご集合ください)

問合せ

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館
電話:03-3486-2791
FAX:03-3486-2793

詳細

https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kodomo/gakushu/bunka/tenrankaishousai.html#23