第309回コンクリートセミナー いま求められるコンクリート像
趣旨

現在建設業界では、施工の合理化や耐久性の向上等、様々な環境に応じた多様なニーズに応えることが求められています。本セミナーでは、このような状況に対応するセメント・コンクリート関連技術の最近の話題をご紹介いたします。

日時

2020年2月6日(木)9:55~16:30

会場

大阪国際交流センター(大阪市天王寺区上本町8-2-6 2階大会議室さくら)

アクセス

https://www.ih-osaka.or.jp/access/

定員

300名(定員になり次第締切させて頂きます)

受講料

1名当たり10,000円(税込み)・テキスト代込み

CPD

5単位

CPDS

6unit

プログラム
9:55~10:00
開会挨拶
山田 浩司氏((一社)セメント協会 コンクリート普及専門委員会 委員長)
10:00~11:00
「コンクリート施工における生産性向上技術」
曽我部 直樹氏(鹿島建設株式会社 技術研究所 土木構造グループ 上席研究員)
11:10~12:10
「化学混和剤の変遷と現状、未来」
玉石 竜介氏(コンクリート用化学混和剤協会 技術委員長)
13:10~14:10
「セメント・コンクリートの品質向上と技術基準の標準化~建築の視点から~」
鹿毛 忠継氏(建築研究所 材料研究グループ長)
14:20~15:20
「サステナブルな海洋コンクリート構造物に向けて~耐久性向上、資源循環の観点から~」
山路 徹氏(港湾空港技術研究所 材料研究グループ長)
15:30~16:30
「維持管理時代にコンクリート技術者がなすべきこと」
十河 茂幸氏(近未来コンクリート研究会 代表)
申込方法

下記ホームページから受講申込書をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、FAXでお申込ください。

申込先・問合せ

一般社団法人 セメント協会 普及部門
TEL:03-5200-5060 FAX:03-5200-5062

主催

一般社団法人 セメント協会

詳細

http://www.jcassoc.or.jp/cement/1jpn/ji1c.html