モダンデザインが結ぶ暮らしの夢展
概要

1928年、初の国立デザイン指導機関として仙台に商工省工芸指導所が設立され、1933年には来日中のドイツ人建築家ブルーノ・タウト(1880–1938)が顧問に招かれて剣持勇(1912–1971)らの指導にあたります。また建築家アントニン・レーモンド(1888–1976)とインテリア・デザイナー ノエミ・レーモンド(1889–1980)夫妻が、高崎の芸術文化を支援する実業家・井上房一郎(1898–1993)と出会ったのも同じ年でした。翌年、井上はタウトを高崎に迎え、銀座に出店した家具工芸店「ミラテス」でタウトがデザインした工芸品を販売します。この時代、世界そして日本各地で、モダンデザインに託して新しい上質な暮らしを夢見た人々の交流がありました。近代産業と科学は大量生産を可能とし、装飾美に代わって合理的な機能美を持つモダンデザインを生み出しました。国際的に普及していくモダンデザインを、日本の暮らし方や風土になじませようと模索する日本の工芸関係者のまなざしと、世界的な建築家やデザイナーが、日本建築と意匠に近代性を見出したまなざしは重なり合うものでした。そのなかから、やがて機能主義におさまりきらない卓越した作品が生まれていきます。かれらの夢は、戦後どのように育ち受け継がれたのでしょうか。ブルーノ・タウト、井上房一郎,アントニン&ノエミ・レーモンド夫妻、インテリアデザイナー 剣持勇、家具デザイナーのジョージ・ナカシマ(1905–1990)、彫刻家イサム・ノグチ(1904–1988)による、1930-60年代の工芸品、家具、建築の図面、模型、写真など多彩な作品資料約160点をご覧いただきます。

会期

2020年1月11日(土)~3月22日(日)午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
※2月7日(金)、3月6日(金)は夜間開館 午後8時まで(ご入館は午後7時30分)

休館日

水曜日

会場

パナソニック汐留美術館
(東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階)

アクセス

https://panasonic.co.jp/ls/museum/access/

入館料

一般:800円、65歳以上:700円、大学生:600円、中・高校生:400円、小学生以下:無料

関連イベント

講演会①「タウトとレーモンドが 建築の日本に見たもの」
出演:倉方 俊輔 氏 (建築史家、大阪市立大学准教授)
日時:2020年1月25日(土)午後2時~午後3時30分
定員:150名(要予約)
聴講費:無料(ただし本展の観覧券と予約が必要です)
会場:パナソニック東京汐留ビル 5階ホール
※自由席になります。
※未就学児はご遠慮ください。

講演会②「日本、モダニズムをはさむ 過去と未来」
出演:原 研哉 氏 (グラフィックデザイナー、日本デザインセンター代表取締役社長、武蔵野美術大学教授)
日時:2020年2月15日(土)午後2時~午後3時
定員:220名(要予約)
聴講費:無料(ただし本展の観覧券と予約が必要です)
会場:パナソニック東京汐留ビル 5階ホール
※自由席になります。
※未就学児はご遠慮ください。

ワークショップ「ブルーノ・タウトの竹皮編でボタンをつくろう(中高校生中心)」
指導・おはなし:前島 美江(伝統工芸士,西上州竹皮編でんえもん)
日時:①2020年2月8日(土)午後1時~午後4時 ②2020年2月9日(日)午前10時~午前12時30分
定員:各回20名ずつ。内容は同じです。(要予約)
聴講費:無料(ただし本展の観覧券と予約が必要です)
会場:パナソニック東京汐留ビル 3階ホール
※作業しやすい服装でご参加ください。

当館学芸員によるギャラリートーク
①2020年1月19日(日)午後4時~ゲスト:住田 常生 氏(高崎市美術館主任学芸員)
②2020年1月26日(日)午後4時~ゲスト:前田 尚武 氏(本展会場構成担当、京都市京セラ美術館企画推進ディレクター)
③2020年2月7日(金)午後2時~
④2020年2月11日(火・祝)午後4時~
展覧会場内で開催、予約不要、参加無料(ただし本展の観覧券が必要です)
※混雑状況によってはスライドトークに変更となります。

特製ポストカードプレゼント
プレゼント日:1月17日(金)、1月27日(月)、2月7日(金)、2月27日(木)

子どもと一緒にアート鑑賞day(おしゃべりOK !)
日時:2020年3月4日(水)午前10時-午後6時(入館は午後5時半まで)
対象:未就学児~小学生(無料)と保護者(鑑覧券必要)。授乳およびおむつ替えスペースあり。

詳細・申込み:https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/20/200111/index.html#exhibition-detail-event

主催

パナソニック汐留美術館

詳細

https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/20/200111/index.html