生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019
日建設計CGスタジオ展「Visualize⁺ 建築を伝えるちから」
概要

日建設計は、今年も「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪」に参加いたします。東京で好評いただいている日建設計CGスタジオ展「Visualize⁺ 建築を伝えるちから」に、大阪スペシャルコンテンツを加え、400点以上の建築CGを公開します。
建築CGは、多くのデータ、デザイン、表現手法などがレイヤーのように集積して構築されます。
現実に未だ存在していない建物の姿そのものや、そこから生まれる新たなアクティビティを、建物に係わる様々な人々にリアルに可視化して伝えることができるコミュニケーションツールです。
日建設計CGスタジオは、ビジュアライゼーションの専門家集団として、高品質なCGを生み出し、新しいCGの可能性に挑戦し続けてきました。
多種多様な表現や技術、さらに制作の裏側まで、本企画展でしか見ることのできない、CGスタジオが描く建築の世界「Visualize⁺」を、ぜひご覧ください。

会期

2019年10月26日(土)~10月27日(日)10:00~17:00

会場

日建設計大阪オフィス(大阪府大阪市中央区高麗橋4-6-2)
7階リフレッシュラウンジ 休憩可

入場料

無料

問合せ

tel. 06-6203-2361

関連情報

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019
https://ikenchiku.jp/

詳細

https://www.nikken.jp/ja/news/news/20191008.html