田中智之の解体新書展
概要

田中智之は、熊本大学で建築を教える傍ら、通称「タナパー」と呼ばれる、建築物をX線で透過したかのような、青ペン1本で内部構造を表現する驚異的なパース画で知られます。本展では、その「タナパー」を中心に、近年の多岐にわたる田中の仕事を「解体」し、ご紹介いたします。

会期

2019年8月28日(水)~2019年10月27日(日)10:00~20:00
※火曜休館

会場

熊本市現代美術館 ギャラリーⅢ
(熊本市中央区上通町2番3号)

アクセス

https://www.camk.jp/information/access/

入場料

無料

主催・問合せ

熊本市現代美術館[熊本市・公益財団法人熊本市美術文化振興財団]
tel. 096-278-7500

詳細

https://www.camk.jp/exhibition/