隈研吾教授 最終連続講義 - 工業化社会の後にくるもの 第6回 アートと建築
概要

2020年3月に東京大学教授を退職する隈研吾の最終連続講義「工業化社会の後にくるもの」を2019年4月より合計10回開催します。各界の第一線で活躍するゲストとともに、隈研吾がこれからの建築のあり方を議論します。

登壇者
(敬称略)

高階秀爾(美術評論家、東京大学名誉教授、大原美術館館長)
伊東順二(美術評論家、プロデューサー、東京藝術大学特任教授)
隈研吾(建築家、東京大学教授)

日時

2019年9月29日17:00~19:30

会場

東京大学本郷キャンパス安田講堂(文京区本郷7-3-1)

アクセス

https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/campus-guide/map01_02.html

定員

1,060名(オンライン予約制)

申込方法

下記ホームページの予約フォームにアクセスし、ご予約ください。

詳細

公式HP:https://kengokumalecture.wordpress.com/
PDF:https://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2019/09/evt20190911-4.pdf