意匠法大改正及び意匠審査 基準改訂に向けて
概要

来年、保護対象として画像デザイン、空間(不動産の外観、内装)デザインが追加され、関連意匠制度の大幅な見直し等、意匠法において重要な法改正が実施される予定です。この改正は、不動産・建築・住設分野にも与える影響は大きいものとなります。
そこで今回のPBS(パトラビジネスセミナー)は、現在日本弁理士会 意匠委員会副委員長を務める弁理士 野村慎一が、現行法と比較して、現時点で予定されている意匠法の改正とすでに運用が開始されている審査基準の改訂について解説致します。知財関係者はもちろん、デザイナーや製品開発者、事業企画者、建築関係者等の多数のご参加をお待ちしております。

講師
(敬称略)

野村慎一(特許業務法人藤本パートナーズ 意匠・商標部門統括パートナー 副所長 弁理士)

日時

2019年10月16日(水)14:30~16:40
受付:14:00~
質疑応答:16:30~

会場

広島グランドインテリジェントホテル 3階
(広島県広島市南区京橋町1-4)

アクセス

https://intelligent-hotel.co.jp/grand/map

参加費

無料

申込方法

下記PDFをダウンロードし、必要事項をご記入の上お送りください。

申込み・問合せ

株式会社パトラセミナー担当
TEL:03-3237-3998 FAX:03-3237-3997
MAIL:patra-t@sun-group.co.jp

詳細PDF

https://kenchiku.co.jp/wp/wp-content/uploads/2019/09/evt20190906-4.pdf