2019年第5回都市環境デザインセミナー
小さな空間から都市をプランニングする〈市民編〉
概要

今回のセミナーでは『小さな空間から都市をプランニングする』という本を上梓された日本都市計画学会都市空間のつくり方研究会から、この本の1・3節「自負心が支える市民の営み」に寄稿された四人をお招きし、仏生山まちぐるみ旅館、五条界隈、おやすみ処ネットワーク、善光寺門前の事例を報告いただきます。
いずれも市民の自分たちのまちをよくしたい、楽しくいたいといった気持ちが、地域の新しい価値創出に繋がってきた事例です。
これらは商店街振興組合やまちづくり協議会のような組織が行政と協働して実現しているということではなく、かといって自然発生的でバラバラな動きが市場のなかで最適解にたどり着いたというわけでもありません。
こうした小さな活動の担い手は、自分なりの都市や社会のあるべき姿を描き、できる範囲で小さな変化を起こしていくことで、共感する主体に連鎖してゆき、結果的にまちを変化させてきたと筆者は主張しています。
本当なのか?
それは持続するのか、都市全体に波及する力になるのか?
都市計画や都市環境デザインはこうした思い・動きをどう受け止めるべきか?
会場の皆さまも交えて議論したいと思います。

セミナー委員 前田裕資

講師
(敬称略)

武田重昭、杉崎和久、吉田 哲、穂苅耕介

日時

2019年8月2日(金)
18時開場、18時30分開演~20時30分頃まで

場所

大阪市立生涯学習センター 第5研修室
(大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5・6階)

アクセス

https://osakademanabu.com/umeda/access

会費

会員500円/会員外1000円/学生500円

定員

30名

プログラム
  1. 趣旨説明(武田)
  2. 事例報告
    • 仏生山(武田)
    • 五条界隈(杉崎)
    • おやすみ処ネットワーク(吉田)
    • 善光寺門前(穂刈)
  3. パネル
    • 話題1:「小さな空間の価値を大きな都市につなげる10の方法」
    • 話題2:「プラニングマインド-都市全体を見つめる計画的思考」
  4. 会場との質疑応答
  5. 感想(鳴海邦碩)
申込方法

詳細ホームページのフォームからお申し込みください。

関連書籍

『小さな空間から都市をプランニングする』
日本都市計画学会 都市空間のつくり方研究会 編
武田 重昭・佐久間 康富 他編著
http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2698-6.htm

主催

都市環境デザイン会議関西ブロック

詳細

http://book.gakugei-pub.co.jp/wp/judi/seminar1908/