Mitsui Main Building TOKYO 1929-2019
概要

2019年に開館90周年を迎える三井本館は、日本近代建築を代表する重要文化財であり、現代の都市においてはごくあたりまえの存在となった「複合オフィスビル」の先駆けともいえる建築物です。2019年6月8日から7月21日まで行う本展覧会は、その歴史を振り返り、建物としての魅力を現代の視点で切り取るものです。
展覧会は、写真家・ホンマタカシ氏の撮影・監修による写真展示企画を主体に構成されています。ホンマ氏が長年取り組んでいる「カメラオブスキュラ」を用いた写真を含む三井本館の撮り下ろし写真が特大サイズで展示されるほか、 建設当時の様子を収めた貴重なアーカイブもホンマ氏の手で再撮影・編集され、お披露目されます。
展示会場は、合名玄関と呼ばれるオフィスフロアのエントランスと、隣接する日本橋三井タワーのアトリウム。合名玄関は、大理石の重厚なインテリアをはじめとする開館当時の佇まいを残す場所で、展示期間中は、普段は気軽に入れない館内を見学していただけます。

日程

2019年6月8日(土)~7月21日(日)

会場・時間

会場①
日本橋三井タワー1階 アトリウム(東京都中央区日本橋室町2-1-1)
10:00~20:00

会場②
三井本館 合名玄関(東京都中央区日本橋室町2-1-1)
11:00~17:30

※6月8日(土)のみ、いずれの会場も 14:00~20:00
※休展日 6/10、6/12、6/24、6/25、7/8

問合せ

03-5777-8600 (ハローダイヤル 08:00—22:00)

詳細

https://mitsuimainbuilding.jp/


Pick-Up

TOKYO ARCHITECTURE