JIA建築セミナー2019 Making Architecture Together─環境と人間
概要

建築は環境と人間をつなぐものです。

人間を取り巻いている環境は、組織、社会、地球という共同体であるなら、建築を考えると同時に、常に人間の周りを取り囲む自然環境や共同体のあり方も考えていきたいと思っています。

そのためには、連続的な視点の移動が必要です。すなわち外側から内側を俯瞰することが大切だと思っています。自然を見るには地球という視点から、私を見るには組織から自分を見つめ、組織を見るには社会から、社会を見るには世界を俯瞰することが必要です。

視点を変えるにはどうすれば良いでしょうか。それは自ら積極的に共同体を脱出し、自分が異邦人となりつつ、他者を共同体に取り入れることが考えられます。

そこで起きる感情とはストレスでもあり、楽しさでもあります。人類の圧倒的クリエイションである進化は、そのような「ワクワクドキドキ」によって、新しい環境を構築してきた人類の歴史でもあります。

今年度の建築セミナーは、過去と現在と未来を通して、環境と人間を考えたいと思います。一年を通した他者との対話、視点の変化は、既存の共同体を俯瞰する視点の獲得であり、魅力的な環境をつくる最良の方法となるでしょう。

Making Architecture Together

共に建築を作りましょう。

日程

2019年5月18日~2020年2月(予定)

会場

JIA館〈原則〉(東京都渋谷区神宮前2-3-18)

アクセス

http://www.jia.or.jp/map.html

定員

40名

受講資格

当セミナーに興味のある方、若手設計者 ほか

受講料

一括払い:140,000円(分納、ご相談承ります)

申込方法

受講希望者は氏名・住所・連絡先(TEL/FAX/E-mail)を明記し、事務局までFAXか、郵送にてお申込下さい。追って、ご連絡いたします。
なお、都合により変更になる講座もありますので、予めご承知置き下さい。

申込み・問合せ

公益社団法人 日本建築家協会関東甲信越支部 JIA建築セミナー事務局
TEL:03-3408-8291 FAX:03-3408-8294

プログラム

[PROJECT 0]開講|公開講座|海外で風景をつくることデザインと振舞いの戦略─海外を拠点とする日本人若手建築家たちとその未来
[PROJECT 1]北九州と下関の近現代建築を巡る─レーモンドや磯崎の名作から梅光学院大学新校舎まで
[PROJECT 2]多世代のつながりを生む空間づくり
[PROJECT 3]2020年、東京五輪・パラリンピックの施設見学と木材活用
[PROJECT 4]土曜サロン─1970年代生まれの建築家の対談
[PROJECT 5]コンピューテーショナルデザインの未来形
[PROJECT 6]1970年代から現在を考える2
[PROJECT 7]世界遺産近く、長崎教会建築群を巡る
[PROJECT 8]中東の建築と、これを取り巻く状況を知る

主催

公益社団 法人日本建築家協会関東甲信越支部

詳細

https://www.onvisiting.com/wp-content/uploads/2019/06/JIA_seminar2019-190604web.pdf