演劇『機械と音楽』
概要

ロシア革命が成就し、ロシアでは前衛的な芸術運動ロシア・アヴァンギャルドが花開いていた。建築も従来の伝統的な様式から離れ、構成主義建築が台頭してくる。ヴェスニン兄弟、モイセイ・ギンスブルク、そしてコンスタンチン・メーリニコフ。そして彼らの前に忽然と現れた天才建築家イヴァン・レオニドフ。そのデザインは伝統的建築を射抜き、構成主義の建築家たちをも射抜いた。しかし、その華やぎも長くは続かず、ロシアはスターリンによる独裁の時代に突入していく。

タイムテーブル

2019年6月12日(水)~18日(火)
12日(水)19時30分
13日(木)19時30分
14日(金)14時/19時30分
15日(土)14時/19時★
16日(日)15時
17日(月)14時/19時30分
18日(火)14時
★の回、演出家とゲストによるアフタートークがございます

会場

吉祥寺シアター(東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-22)

アクセス

http://www.musashino-culture.or.jp/k_theatre/access/index.html

料金

<一般>
前売:4700円
当日:5000円
<障害>(前売・当日共 要手帳掲示)
2000円
<学生>(前売・当日共 要手帳掲示)
2500円
<はじめて割>
4700円
※一日3組限定 はじめての方を誘ってくると2名で1名分の料金になります。お早目にどうぞ。

出演者
(敬称略)

田島亮(serial number)

三浦透子
大石継太
青山勝(道学先生)
田中穂先(柿喰う客)
酒巻誉洋
熊坂理恵子
きなり

浅野雅博(文学座)

詳細

https://serialnumber.jp/next.html