近代デザインの誕生-京都工芸繊維大学 美術工芸資料館 名品展
概要

京都工芸繊維大学美術工芸資料館が収蔵する作品の中核をなすのは、1902年の京都高等工芸学校開校時から教材として収集・購入された美術工芸品です。初代の教員である浅井忠や武田五ーは、世紀末から20世紀初頭のヨーロッパで、教材のためにポスターや工芸品を積極的に買い求めました。そのほかにも、ひろく欧米各国から最新流行のデザイン資料を取り寄せます。
今回の展覧会「近代デザインの誕生一京都工芸繊維大学美術工芸資料館名品展-」では、美術工芸資料館の収蔵資料のなかから、日本におけるデザイン黎明期に参考資料、教材として収集され、実際に実習等で活用された資料類を展示します。これらの資料類を手がかりにして、世紀末から20世紀初頭にかけての日本で、デザインがどのように浸透していったのか、そして、それがどのような展開をみせたのかをご覧いただきたいと思います。

開催期間

Part 1〈前期〉2019年5月15日(水)から6月15日(土)まで
Part 2〈後期〉2019年6月24日(月)から8月10日(土)まで

休館日

日曜日、祝日、展示替え期間(6月16日~23日)

開館時間

10時~17時(入館は16時30分まで)

会場

京都工芸繊維大学ML(Museum&Library)連携
(京都市左京区松ヶ崎橋上町)
第1会場 美術工芸資料館
第2会場 附属図書館

アクセス

https://www.kit.ac.jp/uni_index/access/

入館料

一般200円、大学生150円、高校生以下無料

主催

京都工芸繊維大学・京都工芸繊維大学美術工芸資料館

詳細

http://www.museum.kit.ac.jp/20190515.html