リボーンアート・フェスティバル2019
概要

リボーンアート・フェスティバルは、宮城県の牡鹿(おしか)半島と石巻市街地を舞台にした、「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできるお祭りです。
2回目となる2019年は、7組のキュレーターがそれぞれのエリアで多様な作家たちと『いのちのてざわり』に思いを馳せながら、作品を制作します。
東京から約2時間半、仙台からなら約1時間で石巻。市街地・半島・島に点在するアートを音楽と食とともに巡る旅へ。

会期

2019年8月3日(土)~2019年9月29日(日)
※水曜休祭予定
(8月14日およびイベント開催日は除く。詳細は後日発表)
※網地島エリアは8月20日より開催

会場

牡鹿半島、網地島、石巻市街地、松島湾
(宮城県石巻市、塩竈市、東松島市、松島町、女川町)

パスポート

一般:前売り 2,500円 当日 3,000円(2019年8月3日以降)
高・専・大学生:前売り 2,000円 当日 2,500円(2019年8月3日以降)
※中学生以下は鑑賞無料
※価格は税込

コンテンツ

<ART>
地域の未来を示唆するアート
7組のキュレーターとともに、40組以上のアーティストたちが作品を展開します。それぞれの地域で住民や土地の記憶に触れ、豊かさ、強さ、厳しさや優しさを感じたアーティストたちは、さまざまなメッセージを発し、未知の世界を見せてくれるはずです。

<MUSIC>
地域やアートと融け合う音楽
オープニングライブに始まり、『四次元の賢治 -完結編-』や、静かなビーチでの幻想的なコンサート、みんなで踊る盆踊り。さまざまな音楽家が豊かな自然のなかで奏でる音楽は、地域やアート作品と融合し、感動を増幅させてくれるでしょう。

<FOOD>
地域の文化を探求する食
ディレクターのジェローム・ワーグ(元シェ・パニーズ総料理長)と原川慎⼀郎が地元の食材や食文化を生産者や作家たちと掘り起こして表現します。レストランやビーチ居酒屋のほか、食材探究イベント「石巻フードアドベンチャー」も開催予定です。

主催

Reborn-Art Festival 実行委員会、一般社団法人APバンク

問合せ

Reborn-Art Festival 実行委員会
info@reborn-art-fes.jp

詳細

https://www.reborn-art-fes.jp/