TOKYO 2021
概要

「TOKYO 2021」は、超高層ビルに建て替わる前の戸田建設本社ビル、大規模開発の前夜を舞台に行われるアートイベントです。2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックは、メディアから演出された日本が国内外に発信される機会になります。そこで表層化される日本像とそこに引きずられる価値観に対し、本企画では「建築」と「現代美術」のふたつの展覧会を通じ「2021年以降を考える」ことに大マジメに向き合います。アートの観点だからこそできる、これまでの日本の都市史、美術史の再解釈と、これからの新しいヴィジョンを、東京を舞台に展開します。

建築展
入場
無料
会期
2019年8月3日(土)〜8月24日 (土)
オリエンテーション:8月3日(土) 11:00-16:30
公開ワークショップ:8月4日〜8月23日 11:00-20:00
公開講評会:8月24日(土)午後
タイトル
課題「島京2021」
ディレクション
中山英之
課題作成
藤村龍至
美術展
入場
無料
会期
9月14日(土)〜10月20日(日)
タイトル
「慰霊のエンジニアリング」
キュレーション
黒瀬陽平
会場構成
西澤徹夫
会場

TODA BUILDING 1F(東京都中央区京橋1-7-1)

アクセス

https://www.tokyo2021.jp/#access

メンバー

藤元明|アーティスト
永山祐子|建築家
中山英之|建築家
藤村龍至|建築家
黒瀬陽平|美術家 / 美術批評家 / カオス*ラウンジ代表
西澤徹夫|建築家

主催

戸田建設株式会社

詳細

https://www.tokyo2021.jp/