第10回「アーバン・デザイン甲子園」結果発表
概要

2019年12月8日(日)12時~17時 大阪産業大学梅田サテライトキャンパスで開催された第10回アーバン・デザイン甲子園公開審査の結果を発表します。
応募総数:25作品

審査員
(敬称略)

忽那 裕樹(E-DESIGN)
高岡 伸一(建築家・近畿大学)
絹原 一寛(株式会社地域計画建築研究所〔アルパック〕)

主催

日本建築学会近畿支部都市計画部会

詳細

http://kinki.aij.or.jp/activity/city/event/article/「第10回 アーバン・デザイン甲子園 結果発表」_559

最優秀賞(優勝) ※作品名/学校名/氏名(敬称略)○:代表者
都市の邂逅を継ぐ -遊休余剰不動産を活用した多様性の再生-
龍谷大学
岩崎奈菜、内島啓太、奥中優樹、小林壮汰、坂原祐希、高藤もも乃、○田中智朗、茶野将平、中彩乃、保木司、宮崎吏彩、毛藤洸大、栁生梨緒、山南俊輔、吉岡寿也
優秀賞(準優勝)
よみとき つなげる -集落に「常連」という関わりを-
大阪大学大学院
新井崇史、岡田早彩、小池のどか、○鈴木亜未子、高尾尚宏、西端佑騎、河亨析、松岡貴大
審査員特別賞(忽那賞)
養父市文化会館(仮称)壁画アートプロジェクト
関西大学大学院
○鴨川絢美、岩佐燎
審査員特別賞(高岡賞)
谷あいの水小路 -太閤下水の復活による新たな往来滞留空間の創出-
近畿大学大学院
○影山巽基
審査員特別賞(絹原賞)
動く学生街 -拠点を中心にした様々な“小さな起業”が生む大きな循環-
近畿大学建築研究会あきばこ家
○西村加奈子、広瀬匡基、中村優希、松浦遼
入選
広狭空間のHeterophony -偶発性を計画し未来社会を奏でる-
大阪市立大学
○田中佑弥、鷲岡賢司、橋戸真治郎

ハナレとオモヤ
大阪工業大学・大阪工業大学大学院
○高永賢也、栢木俊樹、朝永詩織、青木雅子、藤田宏太郎、川合俊樹、宮本奈々子、宮田明弘

シャッフル商店街
大阪市立大学大学院
○木村優輝、岩﨑暖、小川愛哉、三宅一成

暮らしのモンタージュ- nLDKの解体による「流動的共同体」の再編-
大阪工業大学・大阪工業大学大学院
○鹿山勇太、福本純也、橋本遼馬、福西直貴、川島裕弘、中本昂佑、住寄龍水、秋山美奈、原雪之、西上大貴