U30復興デザインコンペ2020「ポストコロナの都市像を描く」
概要

COVID-19 の感染拡大では、経済的損失、地域とのつながりの断絶、格差など、近代化によって築かれてきた現在の社会システムや都市空間のあり方に対するゆらぎをおこっています。歴史的にも、感染症はその被害の広域性と継続性などから、都市の在り方を大きく変える契機となった事実が認められます。例えば19世紀欧州でのペストやコレラなどの流行は、公衆衛生という概念を生み都市計画へと発展しました。そしてスラムクリアランスとインフラ整備を持って近代的な都市の骨格へと造り替える契機となりました。
今回のCOVID-19 の感染拡大下において、既に、働き方、暮らし方、文化活動、社会サービスや情報、移動が、長い時間の中で私たちが形成してきた従前の形を変えつつあります。このような変化は、IT 技術の発展に加え、人口減少や高齢化、縮退局面の時代にあることとも無関係ではないでしょう。また東日本大震災から10 年目を迎えようとする中、南海トラフ地震や首都直下地震の事前復興に向けた接続点を見出し、ウイルスとともに歩まざるを得ない私たち自身の未来に向けて,次の都市像を描くことはできるでしょうか。
これまでの都市の空間ー場ー領域のあり方を批評的に捉え、ポストコロナの都市像を提案してください。

応募締切

2020年9月30日(水)23時59分までに提出

応募資格

30歳以下(2020年3月31日時点)の学生・社会人(個人・グループは問わない)。
ただし、1人が応募できるは1作品までです。(個人が複数のグループに所属して、それぞれから作品を応募することは不可)

審査委員

提出パネルを基に一次審査を実施し、一次審査通過者を対象に、二次審査(公開)を行う。

復興デザイン最優秀賞1点、優秀賞2点程度

主催

復興デザイン会議

問合せ

井本佐保里(日本大学)
Email:imoto.saori@nihon-u.ac.jp

詳細

http://bin.t.u-tokyo.ac.jp/dss/alliance_competition_2020_u30.html