実践教育訓練学会 第3回建築設計競技
テーマ

テーマ「環境配慮住宅」

2020年の冬は雪が少なく、国内のスキー場の多くがオープンできないまま春を迎えようとしている。地球温暖化が徐々に進んでいることを痛感せずには いられない。地球温暖化対策は、長く議論されているが、各国の足並みがそろわないのが現状である。地球温暖化は、石炭や石油などの化石燃料を利用するようになった18世紀の産業革命以来、大気中の二酸化炭素(CO2)、メタンガス、フロンガスが増え続け、気温の上昇や気候の変化をもたらしている。
地球温暖化が進むと、一見冬場のエネルギーの消費量が減り、化石燃料などの資源が枯渇することを抑制することにつながりそうであるが、海面の上昇や砂漠化 による食料不足、生態系の変化、健康障害など、深刻な問題を引き起こしかねない状況にある。建築生産のためのエネルギーや人々が暮らすためのエネルギー、建築物を解体するためのエネルギーなど、産業別にみても住宅・建築物分野で消費されるエネルギーが最も大きい。特に日本の住宅は、他国に比べてライフサイクルが短く、森林環境の保全にも影響を与えている。エネルギー消費を抑制するための法律を待たずに、私たち建築に携わる者ができることがあるのではないか。
住宅における地球温暖化対策としては、エネルギーを消費しない住宅、エネルギーを逃がさない住宅、住まい方を変えることによる対応、外部と内部の環境の関わり合いによる対応、自然素材の利用方法による対応、地域のコミュニティによる対応、長寿命化による対応、さまざまである。
ここでもう一度、環境に配慮することとは何かを問い直して欲しい。「環境配慮住宅」の提案は、建築計画的な側面でも技術的な側面でも可能である。
(審査委員長:和田 浩一)

WEBエントリー期間

2020年3月1日(日)~ 6月30日(火)

応募資格

▪️一般大学・大学院学生
▪️高等専門学校学生
▪️職業能力開発関係施設で学ぶ学生・受講生
▪️専門学校学生
▪️工業高校生徒

※2020年6月30日現在
※1グループ4人以内

審査委員
(敬称略/五十音順)

審査委員長
▪️和田浩一(職業能力開発総合大学校 能力開発院 教授)

審査委員
▪️安島才雄(株式会社総合資格 常務執行役員)
▪️飯嶋元広(アイディホーム株式会社 生産事業部設計部門長)
▪️磯野重浩(九州職業能力開発大学校 建築施工システム技術科 教授)
▪️井町良明(メガソフト株式会社 代表取締役社長)
▪️江川嘉幸(山形県立産業技術短期大学校 建築環境システム科 教授)
▪️高橋基史(株式会社インフォマティクス チーフマネージャー)
▪️星野政博(東北職業能力開発大学校 特任教授・実践教育訓練研究協会 建築・デザイン系部会長)
▪️松下和正(株式会社松下産業 代表取締役社長)

表彰

▪️1等 実践教育建築デザイン賞

▪️副賞 希望する書籍2冊
 「Piranesi」1本
 総合資格学院書籍
 「3DマイホームデザイナーPRO9」1本
 1万円QUOカード

▪️2等 (協賛企業賞)  「五十音順」
 (1) アイディホーム賞 副賞 希望する書籍
 (2) インフォマティクス賞 副賞 「Piranesi」1本
 (3) 株式会社 総合資格賞 副賞 総合資格学院書籍
 (4) 株式会社 松下産業賞 副賞 希望する書籍
 (5) メガソフト株式会社賞 副賞 「3DマイホームデザイナーPRO9」1本
  (マイホームデザイナー利用による作品)

【重要】
実践教育訓練学会では、新型コロナウイルスの感染が拡大している現状を踏まえ、2020年実践教育 研究発表会(埼玉大会:ものつくり大学)での開催を中止し、Webを活用したオンライン講演会に変更することとしました。そのため発表方法および副賞(旅費の支給)について現在調整中です。大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

※各入賞者には、2020 実践教育研究発表会のオンライン発表会でプレゼンテーションをして頂きます。
※優秀作品20 点を選抜し、ジャーナルに掲載します。

【2020 実践教育研究発表会開催概要】
 会期:2020年9月20日(日)
(プレゼンテーション・表彰日:9月20日(日)午後)

主催・問合せ

(一社)実践教育訓練研究協会
〒185-0021 東京都国分寺市南町 2-18-36-203
tel:042-300-1651

詳細

http://www.jissen.or.jp/compe3.html