SABED 環境シミュレーション設計賞2020【社会人部門】
概要

建築環境設計支援協会(SABED)では、実務における環境建築設計のレベルアップを目指し、2019年度より社会人若手の方を対象とした社会人部門を設立いたしました。
応募は、個人・団体、実施物件・設計課題・企業の新人研修など、いずれも可能です。気候や敷地・建物条件を十分考慮した環境配慮設計と高精度なシミュレーションによる、ハイレベルな作品の応募を期待します。

建築種類/テーマ

風/熱/光/エネルギーなどの環境シミュレーションを活用し、建物内外の環境やエネルギーに配慮した環境建築の提案
※建築種類は自由(説明パネルにて説明すること)
※実施物件・非実施物件いずれかは不問

応募資格
  • 建築環境設計支援協会の講座受講者はその旨を明記すること
  • 個人、グループいずれも可(グループの場合は各人の担当を明記)
評価項目

以下の項目を総合的に判断し評価を行う

  • 敷地の気候に関する分析や課題設定
  • 建築としての機能性・意匠性
  • 建築内部の居住者の快適性への配慮
  • 省エネルギー、自然エネルギーの活用
  • 周辺環境への配慮
賞および賞金
  • 最優秀賞(1名):賞状・賞金(10万円)
  • 優秀賞(若干名):賞状・賞金(3万円)
  • 奨励賞(若干名):賞状
審査員
(敬称略)

倉渕隆(東京理科大学・建築環境設計支援協会代表理事)
大風翼(東京工業大学・当協会理事)
髙口洋人(早稲田大学・当協会理事)
髙瀬幸造(東京理科大学・当協会理事)
谷口景一朗(東京大学・当協会理事)
前真之(東京大学・当協会理事)
吉澤望(東京理科大学・当協会理事)
※ゲスト審査員については、現在調整中

スケジュール

応募の登録期間 :2020年1月1日(水)〜8月31日(月)
作品の受付   :2020年8月17日(月)〜8月31日(月)
※詳細スケジュールは後日下記ホームページにて発表

提出物

1)設計パネルのPDFデータ(A1サイズ・数枚程度を想定、1枚のデータは25MB以下)
2)説明資料のPDFデータまたはMSパワーポイントデータ(様式自由)
※詳細は下記ホームページをご確認ください。

応募方法
  1. 下記ホームページの応募用フォームに必要事項を入力の上、応募のこと。
  2. 応募完了後1週間以内に、作品受付方法に関する案内メールを送信するので、メールに記載されている場所にPDFファイルをアップロードしてください。
主催

一般社団法人 建築環境設計支援協会

詳細・問合せ

https://www.sabed.jp/2020/01/2431.html