日本空間デザイン賞2020
概要

<作品応募期間が延長されました>

DSA(一般社団法人日本空間デザイン協会、会長:鈴木恵千代、所在地:東京都港区)とJCD(一般社団法人日本商環境デザイン協会、理事長:窪田茂、所在地:東京都品川区)が共同主催する日本空間デザイン賞は、 2020年4月1日(水)より日本空間デザイン賞のウェブサイトで応募受付を開始します。受付締め切りは2020年5月16日(土)です。

※日本空間デザイン賞は、昨年誕生した日本で唯一かつ最大級の空間デザインアワードです。国内外の優秀なデザイナーや、卓越したデザイン作品を発掘し、評価をすることを目的としています。素晴らしいデザインを日本から世界に発信し、「空間デザインのちから」を多くの人々に伝えていきます。

応募対象
  • 空間におけるコミュニケーションデザインの創造を目指す作品を、国内外から広く募集します。
  • デザイナー、プロデューサー、クリエイター、アートディレクター、プランナー、設計者、エンジニア、教育者、 研究者など空間に関わる様々な方々からの素晴らしい空間デザイン作品を募集します。
  • 2019年5月1日から2020年4月30日までに実現していること。
応募カテゴリー

■ Aグループ
1. エキジビジョン、プロモーション空間
2. ショーウィンドウ&ビジュアルデザイン空間
3. エンターテインメント&クリエイティブ・アート空間

■ Bグループ
4. ショップ空間
5. 食空間
6. 大規模商業空間(又は、複合施設空間)
7. サービス・ホスピタリティー空間

■ Cグループ
8. 博物館・文化空間
9. 公共生活・コミュニケーション空間
10. オフィス空間
11. 住空間

賞の種類
  • KUKAN OF THE YEAR/日本経済新聞社賞 2020
    金賞作品からファイナル審査にて選出された作品(1〜3作品)
  • 金賞
    11作品(各カテゴリーから金賞を選定)
  • 銀賞
    11作品(各カテゴリーから銀賞を選定)
  • 銅賞
    11作品(各カテゴリーから銅賞を選定)
  • BEST100(Short List)
    三次審査にノミネートされた作品
  • 入選(Long List)
    二次審査にノミネートされた作品
審査員
  • 一次審査員・二次審査員
    空間デザインに従事し、専門的で広い知識と経験、見識に長けたメンバーによる審査
  • 三次審査員・ファイナル審査員
    日本のデザイン界を代表するクリエイターや有識者、メディア/評論家による審査を行います。
    hhttps://kukan.design/jury/

※なお、審査委員長・副委員長は一般社団法人 日本空間デザイン協会、一般社団法人 日本商環境デザイン協会の会長が担当します。

応募費用

1作品(日本国内からの応募):21,000円+消費税
1作品+補助動画(日本国内からの応募):27,000円+消費税
1作品(海外からの応募):24,000円+消費税
1作品+補助動画(海外からの応募):30,000円+消費税

応募内容

下記ホームページをご確認ください。

作品応募期間

<下記に変更されました>
2020年4月1日(水)10:00 〜 6月16日(火)23:00(日本時間)

主催

一般社団法人 日本空間デザイン協会
一般社団法人 日本商環境デザイン協会

後援

日本経済新聞社

問合せ

日本空間デザイン賞 応募事務局(JDN内)
E-mail:kukan@japandesign.ne.jp
※対応時間 平日10:00~17:00

詳細

https://compe.japandesign.ne.jp/kda/