令和2年度 ログハウス建築コンテスト
概要

一般社団法人日本ログハウス協会が主催するログハウス建築コンテストは、日本国内で建築されたログハウス※で 建築技術、地域材利用等の点において優秀と認められたものを顕彰し、ログハウスの普及・発展を図り、木材需要の拡大、森林資源の循環的活用の促進による地球温暖化防止及び 国民生活の向上に寄与することを目的としています。

応募作品は厳正なる審査を経て国土交通大臣及び農林水産大臣賞をはじめとする受賞作品が決定、授賞式が行われます。下記応募要項に即したものであれば協会員の内外、法人、個人を問いません。皆様ふるってご応募ください。

※丸太組構法及び丸太を多用して建築された建物

応募資格

一般社団法人日本ログハウス協会会員の内外を問わず、次のいずれかに該当する会社、団体又は個人とします。

1.当該ログハウスの企画又は設計をした。
2.当該ログハウスの建築又は施工をした。
3.当該ログハウスの部材を供給した。
4.当該ログハウスの施主。
また、ログハウス設計コンペ部門については
5.大学等で建築を学ぶ学生。応募の時点で35歳以下とする。
6.国籍は問わないが、外国籍者は日本留学3ケ年以上の経験者。
7.個人またはグループ応募として、グループの場合には、4者以下のグループとする。 ほか募集要領に定める。

応募作品
  1. 国内において建設され、平成30年4月以降に完成したもの。
    及び適切な維持管理が実施され、活躍している作品においては、平成22年4月以前に完成したもの。
    また、ログハウスの住宅、別荘、合住宅等で優れた発想、夢のもとでのログハウスの設計提案。
  2. 建築基準法に適合するとともに、普及が期待できる技術が適用されているもの
  3. 構造、材料(地域材等)、意匠、環境との調和(周辺の景観や町並みとの調和)、企画性に優れ、他の模範となるもの、特にログハウスの可能性を高めるもの
  4. 以下のいずれかの部門に該当するもの
    丸太組構法部門、小規模ログ部門、軸組構法等部門、ヴィンテージ部門、設計コンペ部門
賞及び表彰

国土交通大臣賞 (令和2年度ログハウス大賞)…1点
農林水産大臣賞 (令和2年度ログハウス大賞)…1点
優秀賞 一般社団法人日本ログハウス協会会長賞 …1点
優秀賞 (公財)日本住宅・木材技術センター理事長賞 …1点
特別賞 木のまち・木のいえ推進フォーラム代表賞 …1点
特別賞 (社)木を活かす建築推進協議会代表理事賞 …1点
特別賞 改修、再利用等環境問題に配慮した作品 …若干
    周辺の景観や町並みと調和している作品 …若干
    地域材の利用拡大が期待できる作品 …若干
    低コストで工夫された作品 …若干
    住み心地で工夫された作品 …若干
    公共建築物等において先導的モデルになる作品 …若干
    適切な維持管理が実施され、活躍している作品 …若干
奨励賞 部門別に若干
一般社団法人日本ログハウス協会 会長賞
ログハウス設計部門特別 …2作品程度

応募書類の提出締切

令和2年4月17日(金)必着

応募書類・提出先等

詳細は下記ホームページを参照。

審査委員

【審査委員長】
大橋 好光(東京都市大学教授)
【審査委員】
井上 雅文(東京大学教授)
大澤 竜二((株)小学館ライフスタイル局プロデューサー)
向井 昭義((公財)日本住宅・木材技術センター試験研究所長)
遠山 明(国土交通省住宅局木造住宅振興室長)
齋藤 健一(林野庁木材製品技術室長)
中村 勉((株)中村勉総合計画事務所 代表取締役)
三澤 文子((有)エムズ建築設計事務所代表取締役 代表取締役)

主催

一般社団法人日本ログハウス協会

後援

国土交通省
農林水産省
(公財)日本住宅・木材技術センター
木のまち・木の家推進フォーラム
(社)木を活かす建築推進協議会

詳細

http://www.loghouse.jpn.com/measure/recruitment.html