第10回ひろしま建築文化賞
目的

本表彰は、一般社団法人広島県建築士事務所協会の事業の一環として実施するものであり、日頃の制作活動を社会に広めるため、優れた建築等作品の設計に形ある成果を挙げた建築士事務所を表彰することにより、広島県内における魅力ある建築と都市の建設に貢献することを目的とする。

応募範囲

平成28年1月1日から令和元年10月31日までに竣工した広島県内にある建築等の作品とする。

応募区分
  1. 一般建築等作品部門
  2. 住宅作品部門(戸建住宅に限る)
  3. 建築再生部門(リニューアル)
応募資格

(一社)広島県建築士事務所協会の正会員または入会申請をしているものとする。

応募手続

次により申込書、パネル作品を提出する。(応募費用は無料とする。)

  1. 第10回ひろしま建築文化賞申込書(下記ホームページの第10回チラシのとおり)
  2. パネル作品A1版縦841㎜×横594㎜×厚5~6㎜ポリスチレンボード(枠なし)を縦使いとしたもの。
  3. 表現方法は自由とするが、少なくとも設計意図、配置図、平面図及び周辺の状況写真を入れる。パネル内に、応募者・建築士事務所名は表示しないものとする。
  4. 応募にあたっては、現地審査を含め、建築主等の了解を得たものとする。
  5. 作品の展示・印刷の権利は協会に属する。
  6. 作品の提出及び返却の費用は応募者の負担とする。返送希望者は、郵送料を負担のこと。
  7. 受賞された作品については、パネル(PDF)、及び作品の内外観写真(JPG)を電子化して、CD-R等に保存して事務局に納品すること。
応募期間

令和元年10月1日(火)~令和元年12月20日(金)ただし「申込書」は、令和元年11月29日(金)までに提出のこと。

提出先

(一社)広島県建築士事務所協会事務局
〒730-0013 広島市中区八丁堀5-23オガワビル2階 TEL:082-221-0600

表彰・発表
大賞
全部門で1点以内 表彰状・記念品・副賞10万円
優秀賞
全部門で3点以内 表彰状・記念品・副賞3万円
入選
表彰状・記念品

表彰は、令和2年5月、「令和2年度(一社)広島県建築士事務所協会定時総会」の会場にておこない、その後、作品の展示をおこなう。

審査委員会

岡河 貢(広島大学大学院工学研究院 特任教授)
細田 みぎわ(広島女学院大学人間生活学部 生活デザイン・建築学科教授)
桜井 邦彦((株)中国新聞社編集局文化部記者)
福田 浩子(広島県立美術館 学芸課長)
衣笠 准一((一社)広島県建築士事務所協会 会長)

詳細

https://h-aaa.jp/info/news/653/