第7回 木質建築空間デザインコンテスト
概要

1990年代に大型木造ドームが次々に誕生し、大規模な木造建築物に大きな注目が集まりました。その後、2010年に施行された「公共建築物等木材利用促進法」により、建築物における「木」の活用がさらに活発になってきました。
また、防耐火に関する法制度や技術開発なども進み、都市部を中心に中大規模の木造建築物が増加しています。2003年にスタートした本コンテストは今回で7回目を迎え、木造・木質建築の時代の流れや、「木」の持つ魅力をずっと見てきました。
今回も、木部の仕上げに木材保護着色ステインを使用し、木の「香り」や「ぬくもり」を存分に生かした建築作品を寡集いたします。「住宅」から公共施設・商業施設などの「一般建築」、「インテリア」や「リノベーション/コンバージョン」まで、木質空間の可能性は無限に広がります。新たな時代を切り開く、意欲的な作品のご応募をお待ちしております。

応募締切

事前登録期間:2019年10月1日 (火)~2020年1月31日(金)まで
作品提出期間:2020年1月20日 (月)~2020年2月28日(金)まで

  • 最優秀賞 賞金50万円
    (下記各部門賞9点の中から、最優秀賞を1点選びます。)
  • 住宅部門賞(3点) 賞金20万円
  • 一般建築部門賞(3点) 賞金20万円
  • テーマ部門賞(2点) 賞金20万円
    (インテリア 1点 リノベーション/コンバージョン 1点)
  • 主催者賞(1点) 賞金20万円
対象作品

2017年1月から2019年12月までに完成した作品を対象に、木目を生かす木材保護着色ステイン※(メーカー問わず、無色仕上げも可)を、外装または内装仕上げに使用することで、木の質感や魅力を効果的に引き出し、住まい手や利用者にやさしい建築空間を提供する作品。

  • 木材保護着色ステインとは、キシラデコールなどの木部の保護と美装機能を備えたステインを指し、無色仕上げも含む塗料とします。
  • 仕上げの済んだ既製の建材・建具のみを使用した部位や作品は対象外とします。
部門
  • 住宅部門
  • 一般建築部門
  • テーマ部門
提出物
  1. 応募シート(A3用紙×1枚)
  2. プレゼンテーション用紙(A3用紙×1枚)
  • 詳細は下記ホームページをご確認ください。
提出先

〒134-8729 日本郵便株式会社 葛西郵便局 私書箱20号
日経BP読者サービスセンター 木質建築空間デザインコンテスト事務局 係

結果発表

2020年6月。日経アーキテクチュア誌面、ウェブサイト上で発表。受賞者には個別に連絡します。

審査委員

<審査委員長>
平倉 直子(建築家・平倉直子建築設計事務所 代表)
<審査委員>
石田 敏明(建築家・神奈川大学 教授)
桝田 洋子(構造エンジニア・桃李舍 代表)

主催

大阪ガスケミカル

共催

日経アーキテクチュア

後援

日本建築士会連合会

詳細

https://special.nikkeibp.co.jp/atclh/NXT/19/ogc0827/index.html