エイブル空間デザインコンペティション2019
概要

今回で11回目を迎える「エイブル空間デザインコンペティション」。デザインプランから模型、プレゼンテーション、展示に至るまで、総合力が試される空間デザインコンテストです。一次・書類審査の通過者を対象に、二次・審査員を相手にしたプレゼンテーション審査を実施。 作品の魅力だけでなく、小山薫堂をはじめとする審査員へのプレゼンテーション能力が試されます。
プレゼン審査により、グランプリ1組を決定。グランプリ受賞者には、2019年11月に東京都青山 スパイラル を会場に、実物大模型の展示を行っていただきます。
将来空間デザイン業界の第一線を走るクリエイターがここから生まれます。

参加対象

大学生・専門学校生・高専生

テーマ

『サプライズ』

設定空間 諸条件

ワンルーム24㎡ の賃貸住空間
(幅4m×奥行き6m×高さ2.4m)の空間で表現
バス・トイレ・キッチン(ユニットバス可)を設置する内容であること

審査基準

賃貸住宅の新たな提案かつ、実現性の高い提案であること。
独自にテーマを解釈し、その根拠を示すこと。
プレゼン審査において、スライドや資料、模型などを用い、審査員に対し、インパクトと説得力のあるプレゼンテーションを行えること。
グランプリを受賞した場合、2019年11月15日(金)~17日(日)3日間の実物大模型展示を行うこと。
(学生のデザイン設計図面を基に事務局手配の施工会社により、学生立会のもと施工いたします。)

応募方法

テーマに添った空間デザインをコンセプトシート(書式自由)にて下記ホームページのエントリーフォームより応募

応募締切

2019年10月10日(木)午後23時59分

賞金

グランプリ20万円、準グランプリ10万円

特典

入賞者(2次・プレゼン審査参加者)には、株式会社エイブルが行うキャリア支援プログラム「エイブルデザインチーム」の活動に参加する権利を付与いたします。

グランプリ作品展示

日時:2019年11月15日(金)~11月17日(日)
会場:スパイラル
住所:東京都港区南青山5-6-23
会場空間演出:長谷川喜美(空間デザイナー)

審査員
(敬称略)

審査員長・小山 薫堂(放送作家)
谷尻 誠(建築家)
長谷川 喜美(空間デザイナー)
猪熊 純(建築家)
成瀬 友梨(建築家)
今村 有策(東京藝術大学大学院 教授)
平田 竜史(株式会社エイブルホールディングス 代表取締役社。)

主催

株式会社エイブル

協力

Design Association NPO

詳細

http://able-partners-creative.jp/ac2019.html