東京ビエンナーレ2020 公募プロジェクト“ソーシャルダイブ”
概要

“ソーシャルダイブ”は、東京のまちのさまざまなエリアに飛び込んで、そこに集い暮らす人びとのもつ変わらぬ魅力や新しい価値を発見するアートプロジェクト。
参加するアーティストには、作品制作に向けたすべてのプロセスにオリジナリティーやバイタリティーが求められます。
公募アーティストは、一回の審査だけでは決まりません。
リサーチやディスカッションなど全3回のプログラムを通じて練り上げられた制作プランの中から選考し、その実現のために応募者も審査員も事務局もが地域と力を合わせていく実践プログラム型のアートプロジェクトなのです。
また、多額な賞金を掲げるのではなく、アンデバンダン展のように無審査で解放区を提供するのでもなく、むしろそのような権威主義や放任主義ではない、独自性と可能性を明確に打ち出すことで、“ソーシャルダイブ”にマッチした自主性と社会性のあるアーティストを応援します。
ミッションは東京にダイブし、社会と深く交わること。
2020年夏、オリンピック/パラリンピックに多くの人々の注目が集まる中、開催地となる東京のまちの歴史や文化と多様な価値観に光をあてるには、コミュニティアート、ソーシャルエンゲイジドアート、社会彫刻など、関係性をつくるアートの発想と方法論をもったアーティスト力が必要です。
東京をよく知る江戸っ子もこれから知りたい人も、フレッシュな若者も経験あるベテランも、海外在住の人も歓迎します。
“ソーシャルダイブ”公募プロジェクトは、アートやデザイン、パフォーマンスやメディアアート、映像、音楽、建築、調査や研究、社会活動からビジネスまで、さまざまな発想で取り組む人の参加をお待ちしています。

応募受付期間

2019年7月8日(月)~9月23日(月) ※9月23日(月)24:00必着

募集定員

約50組

応募条件

○「ソーシャルダイブ」というテーマと向き合い、会場となる街そのものや、さまざまなコミュニティ、無形文化に深く関わることができるかた。
○下記の公募プログラムへ原則全日参加可能なかた。
 2019年10月13日(日):プログラム①
 作品設置・発表候補地の案内や実施エリアのリサーチ
 2019年10月27日(日):プログラム②
 プラン実現に向けたリサーチやディスカッション
 2019年11月17日(日):プログラム③
 ①②を経てブラッシュアップした最終プランのプレゼン(最終選考)
○選出後は展覧会の準備および実施にあたって実際に活動ができるかた。

会場情報

千代田区、台東区、文京区、中央区を中心とした東京都心北東エリアに点在する歴史的建造物、公共空間、遊休空間、商業施設、その他応募者自身が見つけたあらゆる場所が候補地となります。

提出書類

下記ホームページに記載の書類をPDF形式にデータを変換してご応募ください。 なお、ファイル名称には応募者のお名前を含むようにしてください。
例:「申請書類_千代田花子.pdf」
※詳細はホームページをご確認ください。

応募方法

(1)申請書類、(2)プロジェクト提案書を、
PDF形式等にデータを変換して下記ホームページリンク先の応募フォームよりお送りください。

選考委員
(敬称略)

今井朋、今井紀明、岡田裕子、小田嶋 Alex 太輔、楠見清、小池一子、篠田千明、
竹内昌義、ドミニク・チェン、中西忍、中村政人、西原珉、福住廉

事前説明会

「ソーシャルダイバーズミーティング」

第1回事前説明会「ソーシャルダイバーズミーティングVol. 1」

登壇者
小池一子(クリエイティブディレクター/十和田市現代美術館館長/武蔵野美術大学名誉教授)
中西忍(建築家、プロジェクトプロデューサー/日本科学未来館副館長)
竹内昌義(建築家/みかんぐみ共同代表)
福住廉(美術評論家)
日時
2019年8月18日(日)15:00〜17:00 ※30分前より受付開始/開場
会場
アーツ千代田3331 B104
参加費
無料
定員
50名(申し込み不要/先着順)

第2回事前説明会「ソーシャルダイバーズミーティングVol. 2」

登壇者
今井朋(アーツ前橋学芸員)
岡田裕子(美術家)
小田嶋Alex太輔(株式会社 EDGE of 代表取締役 Co-CEO)
西原珉(心理療法士/キュレーター/ソーシャルワーカー)
日時
2019年9月8日(日)18:00〜20:00 ※30分前より受付開始/開場
会場
アーツ千代田3331 マルチスペース
参加費
無料
定員
50名(申し込み不要/先着順)
詳細

https://socialdive.jp/