第13回 長谷工 住まいのデザインコンペティション
課題

「多世代、多国籍で生まれ変わる集合住宅」

国内では高齢化や少子化など世代による課題が、介護や働き方、子育てや教育といったコミュ二ティの問題として顕在化してきています。また、インバウンドの増加や出入国管理法の改正により、外国人が増加し、住まいのあり方も変わろうとしています。こうした多世代、多国籍の人びとの住まいを考えることは喫緊の課題のひとつです。しかしそこには、同じ世代、同じ考えだけのコミュニティではなし得ない、可能性が秘められているのではないでしょうか。私たちの日常を見回してみると、多世代が共に住むことで生まれるコミュニケーションがまるで教育の場のようになったり、違う文化を持つ海外からの人が共に住むことで、新たなイベントが起きたり、そうした実践の萌芽はあちこちで生まれ始めています。そうした小さな一歩が、これからの時代を切り開く新しい価値を生み出すかもしれません。それはかつての大家族制に戻るということではなく、近代の核家族の住み方を経験した先にある、新しい住まいであるはずです。課題を乗り越え、新しい価値を生み出す、多世代、多国籍で生まれ変わる集合住宅を提案してください。
敷地はオフィス、商業、住宅、学校が混在した都心に近い地域です。そこに30戸の集合住宅を想定してください(敷地面積1,000㎡,容積率300%)。今回は2段階で審査を行います。1次審査を通過した上位4案による公開の2次審査で最優秀賞を決定します。

審査委員
(敬称略)

<審査委員長>
隈研吾(東京大学教授)
<審査委員>
乾久美子(乾久美子建築設計事務所代表・横浜国立大学大学院Y-GSA教授)
藤本壮介(藤本壮介建築設計事務所代表)
池上一夫(長谷工コーポレーション 取締役専務執行役員)
<ゲスト審査委員>
田中元子(グランドレベル代表取締役社長)

賞金

最優秀賞(1点)100万円
優秀賞(3点)各50万円
佳作(10点)各10万円
(すべて税込み、賞金総額350万円)

応募資格

2019年12月31日時点で学生であること。
(複数人で応募する場合は全員該当のこと)大学院、大学、短期大学、高等専門学校、高等学校、専修学校(各種学校)など。

登録方法

事前に下記HPの登録フォームから登録を行ってください。

提出物

応募案(A1サイズ:ヨコ使い1枚)
※詳細は下記HPをご確認ください。

提出先

株式会社新建築社「 長谷工住まいのデザインコンペティション係」(必ず明記のこと)
〒100-6017 東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング17階
電話 03-6205-4382

スケジュール

<登録・作品提出締切>
2019年11月22日(金)必着
<1次審査結果発表>
2019年12月初旬
<公開2次審査・表彰式>
2019年12月21日(土)開場12:30/開演13:00
東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内3-5-1)
<最終結果発表>
2020年2月1日(土)

主催

長谷工コーポレーション 

後援

株式会社 新建築社

詳細

https://japan-architect.co.jp/haseko/2019/index.html