第14回(公社)愛知建築士会学生コンペ2019
主旨

今年、愛知で開催される国内最大規模の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」のテーマは「情の時代」です。本コンペは「あいちトリエンナーレ2019」と連動し、テーマを「情の建築」としました。「あいちトリエンナーレ2019」はアートの視点から、私たちは「建築」の視点から「情の建築」を考えたいと思います。「情」とは、「情報」「感情」「なさけ・思いやり」など、さまざまな角度から考えられる言葉です。様々な「情」のシーンを思い描き、そのシーンにふさわしい「情の建築」を提案してください。最優秀作品は、協賛企業のご協力で、「原寸大モデル建築」を制作する権利を得ます。県内業者の協力のもと制作し、「第50回建築総合展NAGOYA 2020」で公開致します。
※本事業は、学生のレベルアップを図り、愛知県の産業の発展に寄与することを目的としています。

課題

「情の建築」

最優秀賞(1点)30万円+賞状+原寸大モデル建築制作権
優秀賞(1点)10万円+賞状
佳作(4点)5万円+賞状

審査員
(敬称略)

<第一次審査員>
早川紀朱(一次審査員代表)、伊藤孝紀、久保井聡、佐藤布武、
太幡英亮、寺嶋利治、𣘺本雅好、溝口周子、宮本好信、米澤 隆
(順不同)

<第二次公開審査 ・ 審査員>
審査員長:原田 真宏
審査員:早川 紀朱
コメンテーター:柳澤 講次、第一次審査員

参加資格
  • 大学院、大学、高等専門学校、専門学校、高校に在学中の者(共同設計可)
  • 応募者は、プラン作成段階で、教員の指導を受けてもかまいません。より、実践的な提案を優先します
  • 応募者は、主催者側が実施する公開プレゼンテーション(2019年10月5日)に参加できること

※年齢・性別・国籍は不問

設計条件

(1)対象地/具体的な対象地はありません。
(2)モデル建築が実現可能であれば、自由に提案してください。
(3)質疑は受け付けません。

提出作品

設計主旨、配置図、平面図、立面図、断面図、パース又は模型写真。提案内容によってはこれに従わなくてもよい。
上記をケント紙、あるいはそれに類する厚紙で、A2サイズ(横) 2枚以内におさめて提出。表現は、鉛筆、インキング、着色、写真添 付などいずれも自由。 但し、パネル化は不可。

  • 「応募用紙」に氏名、学校・学部名、作品名、連絡先住所TEL、メールアドレスを記入し同封してください。
  • 作品名・ページ数を記入した「作品票」を作品裏面右下に貼ってください。
  • 「応募資料一式」は、下記ホームページからダウンロードしてください。印刷物は郵送しません。
作品提出先

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄ニ丁目10-19 名古屋商工会議所ビル9F
公益社団法人愛知建築士会学生コンペ委員会
TEL:052-201-2201
FAX:052-201-3601
E-mail:compe@asanet.or.jp

スケジュール

<作品提出期間(募集期間)>
作品送付の場合:8月16日(金)必着
持ち込みの場合:8月2日(金)〜8月16日(金)9:00〜17:00
(ただし、土・日・祝日および8月13日〜8月15日は除く)
<第一次審査>
2019年8月18日(日)
会場:(公社)愛知建築士会会議室
<第二次公開審査・表彰式>
2019年10月5日(土)
会場:名古屋工業大学・ホール
<同時開催【記念講演会】 >
2019年10月5日(土)※審査終了後
講師:原田 真宏氏
会場:名古屋工業大学・ホール
<作品展>
2019年10月10日(木)〜10月12日(土)
会場:名古屋市中小企業振興会館(吹上ホ一ル)

主催

公益社団法人愛知建築士会

詳細

http://www.asanet.or.jp/competition/index.html