世界の建築は今 No.150

淵上正幸(Masayuki Fuchigami / 建築ジャーナリスト)

プロフィール バックナンバー

最終更新 2018/04/02 18:00

KAPSARC (Ryadh, Saudi Arabia)

カプサルク (サウジアラビア、リヤド)

Design : Zaha Hadid
設計:ザハ・ハディド


快適な砂漠の中の研究オアシス

ザハ・ハディドがサウジアラビアにデザインした「KAPSARC(カプサルク)」は、「キング・アブダラ石油研究&調査センター」の英文名の略で、全世界の社会福祉に寄与すべく、エネルギーの最有効活用を意図する政策研究の非営利団体である。

70,000㎡の「カプサルク」のキャンパスは5棟の建築から成り立っている。「エネルギー・ノレッジ・センター」「エネルギー・コンピュータ・センター」「会議センター(展示ホール+300席オーディトリアム)」「研究図書館(100,000冊収蔵)」、および「ムサラ(キャンパス内の祈祷空間)」の5棟だ。

ザハは技術的・環境的配慮から、5棟の建築エレメントを、ひとつの統合した建物に集約した。リヤド高原の環境条件に反応してデザインされた建物は、ザハ・ハディド建築でははじめての、アメリカでのサステイナブル・デザインの評価基準であるLEEDのプラチナ賞受賞という栄誉を勝ち得た。

建物の基本的な組織のデザイン手法は、セル(細胞)的な構成をしているが、部分的にはモジュラー形式を取っている。それにより異なる部門の建物群を、相互につながるパブリック・スペースをもつひとつのアンサンブル(集合体)としてインテグレートさせている。

6角形のプリズム的ハニカム構造は、最小の材料を用いて、規定された容積内におけるセル群をラティス(格子)状に組み合わせている。この構造的・組織的デザインは、クリスタルなフォルムを凝集させた「カプサルク」の構成を決定。それらの形態は乾いた砂漠のランドスケープから突出しつつ、環境条件や内部プログラムの要求事項を満たしている。

この研究センターはまさにその性格上先進的な研究所であり、「カプサルク」の建築自体もまた未来を志向したものである。センター自身のヴィジュアル・キャラクターに妥協することなく、増改築することが可能な形態的構成をしている。

モデュラー・デザインが、プラン上のすべてのエレメントを決定した組織的・空間的・構造的戦略を生み出している。ヘキサゴナル・セル(6角形細胞)の6つの面は、4角形のセルにおける4つの面に比べると、その結合性ははるかに優れている。5棟の建物はそれぞれの用途に適した大きさや組織をもち、その構成的機能群に合わせて分割可能で、種々の変更に対応して改修可能だ。

建物群は、スティール・コラム群で支持されたキャノピーを巡らせた大きな中庭を取り囲んでいる。南側からの厳しい太陽光に対し、ソリッドなプロテクト・シェルをもち、「カプサルク」のキャンパスは北側と西側に開かれている。北側からの卓越風(その地方特有の季節風)を取り入れ、暖かいシーズンには中庭を冷やしている。歩行者優先のために、キャンパス内の個々の建物は中央にあるパブリック・スクエアから入るようになっており、スクエア自体はミーティング・スペースともなり、温暖期における建物間のリンクにもなっている。

極端な気候から防御する外壁に強力なプロテクティブ・シェルをもつ「カプサルク」の建築は、内部では多孔性に満ちている。個々のビルの中で戦略的に配置されている特殊な6角形セル群は、オープンとなってシェルター化された一連の中庭を生み出し、それによりソフトに調整された昼光を内部に導入している。
太陽や風の状況にあわせて、プリズミックな建築セルのクリスタル・フォームは太陽の直射光から内部空間をシールドするために、南側、西側、東側方向へと向けて高くなっている。他方内部の中庭は北側や北西側に向きとなっており、内部空間に間接的な太陽光を落としている。

各中庭の南側屋根面内部に配備されたウインド・キャッチャー(採風装置)により、北側から卓越風を取り込み、個々の中庭を冷やしている。

「カプサルク」の建築は透明性を強調し、研究者とビジター間のアクティブな交流を進めている。パブリック・エリアにおける各フロア間を透明化する事で、研究者が気楽に会い、アイディアを交換できるよう仕組まれている。「カプサルク」は、まさに厳しい砂漠の気候風土をクリアした研究者のオアシスだ。


[図 面]

 

[建築家]


Portrait: ©Brigitte Lacombe

ザハ・ハディド略歴
1950年 イラク、バグダッド生まれ。ベイルートのアメリカ大学卒業後、渡英
1977年 AAスクールを卒業(AAディプロマ賞受賞)し、OMAに入所
1980年 自己の設計事務所を開設
1981年 「59イートン・プレイス」で、英国建築デザイン・ゴールドメダルを受賞
「ピーク・クラブ・コンペ」(香港)で最優秀賞
1992年 ニューヨーク「グッゲンハイム美術館」における”ロシア・アヴァンギャルド展“の展示デザイン
1993年 本格的建築作品「ヴィトラ消防ステーション」完成。「カーディフ湾オペラハウス・コンペ」最優秀賞
1990年 ドイツ建築家協会名誉会員
2000年 アメリカ文芸アカデミー名誉会員。アメリカ建築家協会名誉会員
2002年 エーケル・ダルジャン賞(仏)
2003年 ミース・ファン・デル・ローエ賞
2004年 プリツカー建築賞。RIBA世界賞
2005年 ロイヤル美術アカデミー会員。ドイツ建築賞
2006年 AIA英国支部賞受賞。RIBAジェンクス賞
2007年 高松宮殿下記念世界文化賞
2011年 スターリング賞
2012年 大英帝国勲章デイム・コマンダー
2014年 RIBAロンドン賞
2016年 マイアミで逝去

 
■代表作

主な作品に、ヴィトラ消防ステーション、ランドフォーム1、ムーンスーン・レストラン、マインド・ゾーン、サーペンタイン・ギャラリー、ストラスブール・バス・ターミナル、インスブルック・スキー・ジャンプ台、ローゼンタール現代美術センター、BMWセントラル・ビル、ホテル・プエルタ・アメリカ、オルドラップガード美術館増築、フェーノ科学センター、ロペス・デ・エレディア・ワイナリー、マギーズ・センター、国立20世紀美術館、グラスゴー・リバーサイド美術館、エヴリン・グレイス・アカデミー、広州オペラハウス、ピエールヴィーヴ、サーペンタイン・サックラー・ギャラリー、メスナー・マウテン・ミュージアム・コロンズ、南京国際ユース・カルチャー・センター、アントワープ・ポートハウス、カプサルクなど多数。

Photos and Material: Courtesy of Zaha Hadid Architects